Contents

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

いつの間にかぽつぽつと首の周りに現れた「イボ」の正体?それは「首イボ」なるものです。

非感染性で良性なので、人に移す感染性のいぼとは異なり心配はいらないといいますが、やはり首周りの開いた衣類を着た時等は人目も気になり、悩みの種と言えるでしょう。この様な首イボの実態に迫ります!

ポツポツ首イボの本当の正体とは?

艶つや習慣でポツポツ首イボの悩みが解消

年齢のせいなのか、食事のせいなのか、日焼けが原因なのか、それとも何か悪い病気のサインなのか?
いつのまにか首の周りにできてしまった「ぽつぽつ」鏡に映してみるとなんだか嫌な感じがしてしまいますよね。

触ってみると特に痛みはなく、ぽつっとしている以外には特に症状がない事が一般的です。

ただ薄着になって首の周りが大きく開いた服を着る時等は、そのぽつぽつと突起したいぼが気になってしまうものです。特に女性なら尚更ではないでしょうか。

この正体は何かというと、実は首イボと呼ばれる非感染性のいぼで、皮膚の良性腫瘍の1種といわれています。首周りに沢山できるこの首イボは「アクロコルドン」 「スキンダック」と呼ばれるものが大半で、中高年以降に目立ってくるのだといわれています。

身だしなみは社会人のマナー!いぼの予防や対策もしっかりしましょう

身だしなみを整えることは、社会人としての常識です。お洒落とは違って、服装や化粧だけではなく清潔感も問われますので、いぼができたときにはしっかりケアしましょう。

身だしなみは社会人のマナーだからイボ対策は万全に対策を

社会人として求められることの多い身だしなみは、周囲への気遣いとも言われています円滑な人間関係を築くために、身だしなみを整えることはとても大事なことです。服装や化粧などだけではなく、清潔感も問われますので、体にいぼができてしまったときの対策もまた重要なことです。

お洒落と身だしなみは違う?気遣いを大切にしましょう

お洒落というものは、自分が好きな格好をすることでプライベートをよりよく楽しむためのものです。一方、身だしなみというものは自分のためではなく、他人のために整えることですので、TPOをわきまえるべき場面ではとくに重要視されます。

服装や髪形、化粧の仕方などといったポイントはもちろんですが、身だしなみを整える上で最も気を使うべきだと言われているのが「清潔感」というものです。身なりを整えるということはその人の第一印象に深く影響することですので、その後の人間関係を円滑なものにするためにも、清潔感があるかという点はとくに気を付けた方がいいでしょう。

服や靴に汚れや染みがないか、髪に寝癖などがついていないか、化粧が濃すぎはしないか、肌にしみや小じわ、乾燥などがないかといったチェックは、常に鏡などでしておくといいでしょう。

健康的な生活も大事!清潔感を保つために必要なこと

身だしなみを整えるときに一番重要である清潔感を保つ上で、肌荒れは大敵となります。

健康的な生活も大事!清潔感を保つために必要なこと

また、健康上な問題を抱えていると、口臭や体臭などが発生する可能性もあるので、健康に気を付けるということはとても大事なことです。

スキンケア対策は女性だけではなく男性にも求められることが多いことなので、肌荒れなどが起こりやすいと感じたときは、生活習慣の見直しや肌荒れ対策することをオススメします。とくに免疫力の低下はいぼ等の発生も招きますので注意しましょう。

いぼを放っておくと他人に移してしまう可能性も?

身だしなみを整える上でとくに気を付けたいのが、いぼの発生です。いぼには様々な種類がありますが、最も多いのがウイルス感染によるものです。その原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)は、小さな傷口などから感染します。

HPVに感染しないための予防としては、小さな傷を見つけたら消毒して絆創膏を貼ったり、肌の保湿を心がけたり、体の免疫力を向上させたりするといったことがあげられます。

また、人から人にうつるウイルスですので、もしもいぼができた場合は放置せず、すみやかに治療をすることも大事です。
いぼの治療は、市販薬や民間療法として知られる対策がありますが、一番いいのは病院にかかることです。しっかり治したい場合は病院で診てもらいましょう。

身だしなみは周囲への気遣いです。日頃の清潔感をとくに大事にするためにも、いぼができてしまったときはすみやかに治療を行いましょう。

二日酔いでいぼ痔になる可能性も!知っておきたい二日酔いの予防と対策

お酒の飲み過ぎで引き起こされる二日酔いは、頭痛・吐き気・下痢といったあらゆる症状を引き起こします。下痢はいぼ痔の発症や悪化の原因となる可能性もあるため、注意が必要です。

二日酔いでいぼ痔になる可能性もあるので気を付けましょう

お酒をたくさん飲んだ翌日、二日酔いに悩まされたことがあるという人もいるのではないでしょうか。とくにお酒の飲み過ぎで引き起こされる下痢は、お尻に負担をかけるためいぼ痔の悪化や発生の原因となります。二日酔いにならないためには、お酒の飲み方に気を付ける必要があります。

分解しきれなかったアルコールが悪さをするのが原因!

二日酔いは、肝臓が分解しきれないアルコールが体内に摂取されたときに起こります。翌日までアルコールが残されることによって、主に頭痛・吐き気・下痢という3つの症状が出てしまうのです。

これは、アルコールが分解される際に発生するアセトアルデヒドという有害物質が原因です。アルコールが分解されなかった場合、同じく分解されていないアセトアルデヒドも一緒に血中に戻り、体内を循環するため、頭痛や吐き気の症状や、肝臓が働き過ぎるので、日頃行っている本来の活動が鈍り、体のダルさという症状があらわれます。

肝臓は食べ物を糖などのエネルギーに変えるという重要な働きを持っていますが、この活動が阻害されることで、全身のエネルギーが不足がちになってしまうのです。免疫力も落ちてしまうため、風邪を引いたりしないように気を付けなくてはなりません。

二日酔いでお尻に大ダメージ!いぼ痔の原因にもなります

二日酔いの症状のひとつに下痢気味になるというものがあります。下痢になると、トイレに何度も行くことになり、お尻に負担がかかるため、お尻のうっ血を招き、突然いぼ痔になってしまう可能性があります。また、すでにいぼ痔の場合は、いぼが悪化してしまう危険性があります。

他にも、免疫力の低下は膿がたまってしまう原因となりますし、体の炎症が悪化する可能性もあります。二日酔いになってしまうと、出血の危険もあるので、いぼ痔がさらに痛くなってしまう恐れがあるのです。

いぼ痔にすでになっている人はもちろんですが、なったことがないという人も、日頃からお尻を労わることは非常に大切なことです。二日酔いの下痢にはとくに注意しましょう。

二日酔いを予防しよう!おすすめの飲み方と対策の仕方

二日酔いを予防するには、事前に薬を飲んでおいたり、トマトジュースを飲んだり、空腹状態を避けるために乳製品やたんぱく質をお酒と一緒に摂取したりするという方法があります。

二日酔いを予防するためにもトマトジュースは最適な飲みもの

けれど、もっとも大事なことは、適度にお酒を飲むということです。一般的に目安として言われているアルコール数はもちろん、自分の体質についてしっかりと理解し、セーブすることを心がけましょう。

それでも二日酔いになってしまった場合の対策としては、アルコールの分解を助けるコーヒーやトマトジュース、グレープフルーツジュースといった飲み物や、柿やはちみつなどが有効です。また、肝機能を強化してくれるしじみやあさりの味噌汁、バナナなどもオススメですので、辛いときはぜひ試してみてください。

二日酔いは分解されなかったアルコールが悪さをすることで起こります。下痢になるといぼ痔になったり、いぼが悪化したりする原因にもなります。自分に合ったお酒の飲み方を心がけて、二日酔いを予防しましょう。

意外とあった!首イボの種類について

中高年以降に多く見られるという首イボは、主に次のようなタイプに分けられます。

お年寄りに見かけるアクロコルドンとは

首いぼアクロコルドンというと全く聞きなれない病名だと思いますが、首にできる小さないぼというと「ああ、あれか」とお分かりになるかたも多いのではないでしょうか。よくお年寄りの首まわりにできているのを見かけます。

美容的にあまり美しくないですし、老けて見えてしまうのであまりうれしくないイボですが、できている人も多いかと思います。

どうしてこんなものができてしまうのでしょうか。なんだか心配な気がしますが、これはウイルスによるいぼと非感染性のものがあります。首にできることが多いですが、皮膚の柔らかい目の下や脇などにもできることがあります。首いぼアクロコルドンは悪性の腫瘍ではなく、良性腫瘍なので心配はいりません。

シルキースワン

30代以降にできることが多いといわれていますが、10代からできる人もいます。早くでき始めるのは体質もあり、そういう人は年齢が進むにつれて大きくなってしまうことがあるようです。

確かに、大きないぼの人を見かけることもよくありますし、大きくなってくると洋服やアクセサリーが引っ掛かって痛い思いをすることがあります。また、濃い褐色のいぼができることもあり、それだとよく目立ってしまいます。そういった場合は、できれば除去してすっきりしたいものですよね。

首いぼアクロコルドンの治療の流れ

首いぼアクロコルドンは除去したいけれど、痛そうだな、怖いな、と感じている人も多いのではないでしょうか。では、どのような流れで治療されるのでしょうか。

液体窒素で凍結療法

首いぼアクロコルドンは、-200°の液体窒素で凍結して簡単に短時間でとることができます。しかし、施術は簡単ですが、痛みが伴います。人によってはこんなに痛いのであればやりたくない、と思うほどの痛みを感じるようです。また、一度ですべて取りきることは難しく、完全に除去するまでには何度も凍結療法をする必要があるようです。液体窒素で行うと、保険が適応され安い費用で済みますが、傷が残りやすいという欠点があります。

レーザー治療

ほかには、レーザーでいぼを丸ごとくりぬく方法があります。レーザーによる治療だと出血も少なく、痛みも少なく傷跡が残ることもあまりないようですが、こちらも一度で終わることはできなくて、3か月から半年かけて治療する必要があります。費用が、1ミリ当たり、2,000~5,000円と病院によって違うそうなのですが、たいへん高額なところがデメリットです。

内服薬で治療する

「ヨクイニン」という成分が、いぼに効くとされています。ヨクイニンとは、ハトムギに含まれている成分で、昔からいぼやアトピー性皮膚炎、肌荒れの治療に使われてきた漢方薬です。タンパク質や、ビタミン、カルシウム、鉄分、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれており、お肌の新陳代謝を促してくれます。皮膚細胞の生まれ変わりに効果があり、また免疫力が向上されることから、ウイルスに対して強くなる効果が期待できます。

自宅でオイルや軟膏を塗る

首いぼアクロコルドンに効くとされるオイルやジェルが販売されています。首いぼが除去されるまでには時間がかかりますが、痛みはなく自宅でケアすることができます。

また、ティーツリーオイル、ひまし油、リンゴ酢、バナナの皮、玉ねぎジュース、パイナップルジュース、アロエなどを塗るのも効果があるといわれています。試してみてはいかがでしょうか。

首すじや胸元のポツポツスキンタッグを徹底防御

スキンタッグとは、首すじや胸元にできるポツポツしたいぼの事です。人から見えるところにポツポツしたいぼができてしまうとどうしても気になってしまいますよね。そんなスキンタッグをどのようにケアすれば良いのかご紹介します。

睡眠不足や紫外線のダメージで引き起こすスキンタッグ

スキンタッグは、首すじや脇の下、胸元、太ももの付け根に主にできます。皮膚が柔らかくて薄い箇所にできやすいと言われていて、老化が原因と考えられています。

このスキンタッグを引き起こしてしまう原因は、睡眠不足や紫外線のダメージによるものです。紫外線のダメージは蓄積されていきますので、歳を重ねるとスキンタッグはできやすくなります。

中高年ではスキンタッグが多くみられますが、近年、不摂生などが原因で若い方にも見られます。スキンタッグは、角質が溜まって大きくなったいぼなので、ターンオーバーが乱れるとできやすくなってしまいます。

角質の乾燥を防ぐことでターンオーバーを整える

スキンタッグは、皮膚のターンオーバーが乱れる事でできやすくなりますので、肌のターンオーバーを整える必要があります。肌は28日周期で新しく生まれ変わっています、年齢が上がるとこの周期は長くなる傾向にあります。スキンタッグは身体には害のないいぼですが、あまり見栄えが良くありません。

肌のターンオーバーを整えるには、規則正しい生活を送る事が大切です。また、ビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり摂るのも重要で、野菜や果物、脂身の少ない肉がお勧めです。ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCを積極的に摂ると肌の新陳代謝が活発になります。

ターンオーバーは年齢だけではなく、肌の状態が悪いと乱れてしまいます。できる限り、10時から午前2時までの間には就寝すると肌のターンオーバーが活発になると言われています。化粧や汚れもしっかり落として、化粧水などで保湿して眠ると効果的です。そうする事で角質の乾燥を防いでターンオーバーが正常に行われます。

日焼け止めやサングラスでスキンタッグ防ぐ

スキンタッグは、皮膚科でも治療ができます。主な治療方法としては、液体窒素でスキンタッグを凍結させて除去する方法や、炭酸ガスレーザーでスキンタッグを焼き取ってしまう方法になります。

液体窒素で凍結して除去する方法は費用は安く済みますがが、スキンタッグの周りの皮膚も凍結して変色する事もありますので、医師によく相談する事をお勧めします。炭酸ガスレーザーは、保険適用外の治療なので治療費が高額になるのが難点です。

病院での治療が怖いという方には、自宅でのセルフケアもできます。

ハトムギは昔からイボ取り薬としても使われていて、シミやしわの予防もできます。ハト麦茶や薬局などで売られているハトムギ配合のサプリメントで治療ができます。

あとは、スキンタッグの予防には保湿が効果的と言われていますので、普段から保湿をしっかりとする事でスキンタッグができるのを防ぐ事ができます。

艶つや習慣 URL1

肌が乾燥していると、肌のターンオーバーが乱れ、スキンタッグだけでなく、シミやソバカスの原因にもなります。紫外線も原因ですので、日焼け止めやサングラス、日傘などで紫外線を防ぐ事を心がけましょう。

軟性繊維種は良性の腫瘍でも見た目がよくない

単なる首イボと思っていたけど、ちょっと大きくて見た目も嫌な感じ、軟性繊維種は良性というけど、女性にとってはやっぱり不快ですよね。

そんな時には、意外に手軽に処置できるので、皮膚科に行ってみる事をおすすめいたします。

稀に悪性のイボである事もある為、安易な自己判断はやめましょう。

ある日着替えをしながらふと映った鏡を見ると、「ん?何これ?」、ワキの下の方になんだかぷっくりと飛び出ているものが……、触ってみるとちょっと柔らかく、特に痛くもかゆくもないけど、「なんかイボみたい!?」

こんな経験ありませんか?

この様に発見されるイボの大半は、良性の腫瘍であるものが多く、特に放置しても問題がありません。

年齢を重ねると、首の周りでポツポツと飛び出ている首いぼを見かける事がありますが、これと同様のものであり、皮膚の薄い場所や、衣類等の摩擦を受けやすい場所にできやすいといわれています。

小さめのものを「アクロコルドン」や「スキンダック」と呼ぶ事が多いですが、これらが少し大きくなったものを『軟性繊維種(なんせいせんいしゅ)』と呼ぶのだそうです。

美容意識で行う軟性繊維種の治療とは

良性の腫瘍である軟性繊維種は、基本的には治療の必要はないとされていますが、特に女性の場合には見た目の美容的な意識の為に、取り除きたいと考える方が多いとされています。

この様な場合、皮膚科や美容外科では、その大きさに合った治療法で処置をする事ができます。主な治療法は次の通りです。

液体窒素での治療

これは患部に超低温の液体窒素を当てて、イボを凍傷させながら時間をかけて脱落させる治療法で、一般的に多く行われています。

レーザー治療

少し大きさの大きい場合に用いられる事が多く、レーザーでイボを削って取り除く治療法です。

切除手術

麻酔を行い外科的処置によりイボを切り取ります。

このような治療法があり、医療機関やイボの大きさにより、それぞれに合った治療法を行います。

小さなイボの切除の場合には、手軽にとれる「ハサミで切る」という方法もありますが、軟性繊維種程度の大きさの場合にはあまり行われないといわれています。

軟性繊維種のこれからの予防について

イボの発生しやすい場所とは、首・背中・胸・お腹・脇・鼠径部等が一般的であり、皮膚の柔らかい場所や、衣類・アクセサリー等の摩擦や圧迫を多く受けやすい場所であるといわれています。

その為、この様な部位には複数できやすく、1つを取り除いてもまた別のができるという事がよく起こります。

このように、日頃から予防する事が大切といえるでしょう。

基本的には紫外線の影響を受けにくくする事、擦れやすい衣類やアクセサリーをなるべく避ける事、そして皮膚をしっかりと乾燥から守りよく保湿する事、等があげられます。

年齢とともにどうしても増加傾向にある首いぼ、できる範囲の努力で予防したいものですね。

軟性繊維種に異変を感じたら即病院へ行こう!

年齢とともにできやすいこれらの首イボですが、大抵の場合は良性であり心配はいらないといわれています。

しかし素人目にはわかりにくく、中には色や形が変化するといった、悪性の腫瘍である場合もないとは言い切れません。

「急激に大きくなった」
「色が黒っぽくなってきた」
「痛みや痒み等の症状がある」

..など、短期間で変化を乗じる場合には悪性である可能性が否定できません。

この様な場合には油断せずに、早急に医療機関を受診しましょう。

小さな良性のイボである「アクロコルドン」や「スキンダック」程度の場合、自宅でケアできる美容液等も多く見かけますが、少し大きめとなった軟性繊維種の場合には、ケアにかかる時間を考えると、病院での処置がおすすめといえるでしょう。

結果には個人差もある為、自宅でもケアができないわけではありませんが、キレイに早くと考える場合にはあまりお勧めできないといえるでしょう。

いずれにしても、これらのイボを不快に感じるのであれば、より適切な処置を受けるとよいでしょう。

大きく垂れ下がる懸垂性繊維種の首イボをいち早く処置したい

聞きなれない言葉ですが、懸垂性繊維種といういぼがあります。首いぼは目立ちますので気になるところですが、どうやって予防したり、できてしまった場合はどのように治療を行えばいいのでしょうか?その方法をご紹介します。

懸垂性繊維種って何?皮膚病?

懸垂性繊維種とは、軟性繊維種が肥大して垂れ下がったような状態のいぼの事です。見た目は梅干しのようにも見えて、肌色に近い色から、茶色いものまであります。

鼠蹊部や脇の下、外陰部にできやすく、良性の腫瘍です。良性の腫瘍ですので健康には特に悪影響は与えませんが、見た目に問題があり、皮膚の一部が垂れ下がったような状態なので気になります。

人への感染はしませんが、中年期以降の方には多くみられます。摩擦などによって、皮膚の角質が増殖して飛び出し、懸垂性繊維種ができるのです。

良性の腫瘍から悪性に変わる事はありませんが、擦れたりすると炎症を起こして赤くなる事もあります。

衣類の脱着時に引っかかりが気になる方もいるようです。遺伝によって懸垂性繊維種ができる事もあるようで、両親や親戚に懸垂性繊維種がある方は遺伝してできてしまう事もあります。

懸垂性繊維種ができるはっきりとした原因はまだ解明されていませんが、予防方法はいくつかあります。

年齢を重ねるとあちこちにいぼができやすくなりますので老化が原因ではないかとも言われています。

懸垂性繊維種は液体窒素で凍結させ焼き取る

普通、首などにできるいぼの治療は塗り薬や切除です。懸垂性繊維種の治療ですが、一般的には塗り薬での治療は困難なために小さめのものは液体窒素で凍結させてメスで焼き取ります。

何週間かすると瘡蓋になって赤みが出て目立ちますが、一年以内には赤みが引いてきれいに治ります。

大きいものになると、麻酔を打ってメスで切除します。懸垂性繊維種が大きいとメスで切り取った後で縫合によって傷跡が残る事もあります。

小さいものは液体窒素で凍結させて除去するので、費用は液体窒素が一番安いと言われています。保険適用外の治療もありますので、医師と相談の上、治療を行う事をお勧めします。

肥満体質になりやすい懸垂性繊維種のこれからの予防について

皮膚の一部が垂れ下がってしまう懸垂性繊維種ですが、このような状態になる前に予防はできるのでしょうか?

予防方法ですが、まずはいぼを作らないようにする事が大切です。いぼができてしまう原因の多くは乾燥と摩擦によるものですので、高齢で肥満、乾燥肌の人は要注意です。

年齢が上がるとどうしても皮膚は乾燥しやすくなってしまいますので、高保湿化粧水やクリームでしっかりと保湿を心がけて下さい。乾燥により肌の角質が増えるといぼができやすくなり、懸垂性繊維種にもなりかねますので乾燥には十分に注意した方がいいでしょう。

また、肥満体質の方も懸垂性繊維種ができやすいと言われていますので、日頃から運動するなどして肥満を予防しましょう。

紫外線を長年浴び続ける事で肌が老化して角質が溜まり、いぼができやすくなりますので外出する時には日焼け止めを使用したり、日傘をさすなどして紫外線対策もしっかりと行いましょう。

紫外線を浴びてしまった場合にはビタミンCを含む野菜や果物を多めに摂取するなどして、なるべく肌を老化させないように心がけましょう。

シルキースワン

首イボができやすい部位とその原因について

首イボができやすい部位は、首周りを代表として、他にわきの下・胸・横腹・鼠径部等の、皮膚が擦れやすい薄い部分にできる事が多いと言われています。

これらの箇所は衣類や皮膚同士の摩擦が起きやすい部位で、何度も擦れるうちに皮膚がダメージを受ける為に起こるといわれています。

更にもう1つ原因と考えられている事が紫外線によるダメージです。年々紫外線が強くなっている事が問題視されていますが、肌は紫外線を強く受ける事により、メラニン色素を多く発生させます。

通常は新陳代謝とともに皮膚の細胞が新しく生まれ変わる事で、色素も薄くなるのがサイクルですが、年齢とともに代謝が悪くなると、肌のサイクルも乱れ正常な皮膚の再生に悪影響を及ぼすのだといいます。

こうしてダメージを重ねる事で「首イボ」ができやすい状態を作ってしまうと言われています。いずれも摩擦や紫外線による皮膚の熱性の作用が影響している事が原因と考えられています。


首イボを予防する事はできるのか?

首イボが良性でいくら心配がいらないとはいえ、できれば発生させたくはないですよね?

それでは、できてしまう前に予防する事は可能なのでしょうか?

人間の身体の事なので、絶対と断言する事は難しいといえますが、ある程度予防する事はもちろん可能です。原因がある程度分かっている為、こうならないように対策をすればよいわけです。

1.まずは擦れやすい下着や衣類に注意する事が挙げられます。皮膚の摩擦が最も大きな原因と言われている為、肌が過剰に擦れる事を避ける事が大切です。また首周りの場合には、アクセサリーにも注意が必要です。

2.次に紫外線に注意する事が挙げられます。頭、皮膚、目等、あらゆる部分から侵入してくる紫外線、浴びる量が多いと皮膚がんの原因になるともいわれています。日中外出する際等はきちんと対策をするようにしましょう。

3.肌を乾燥させない事が挙げられます。しっかりと保湿する事で、肌の乾燥からくるダメージを減らす事ができます。

4.身体の機能をアップさせ、新陳代謝をよくする事が挙げられます。身体の巡りを改善する事で、肌のサイクルも生まれ変わります。

以上のような点に気を付け、できるだけ「首イボ」を作らないようにしたいものですね。

アンミオイル

首イボの治療方法(自宅編)

日頃から気を付け「首イボ」ができない事が何よりですが、大抵の場合はこのような知識がないまま知らぬ間にできてしまった、という事が殆どなのではないでしょうか?

一度できると自然に治る事は難しく、治療が必要となります。とはいえ、小さなものであれば自宅でケアする事も可能であると言われています。一般的に効果があると言われている方法は以下の通りとなります。

最も効果が期待できる方法として、「首イボ専用化粧品」を使用する事です。インターネットやドラッグスト等で購入する事ができ、効果もまずまずと言われています。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

特に人気があるのが、「シルキースワン」 「艶つや習慣」 「アンミオイル」 「ぽっつるん」 「アプリアージュオイル」 「ヨクイニン」等です。正しいケアで首イボを撃退しましょう。

この他にハト麦やドクダミ等も効果があると言われています。最近はサプリメントとして手軽に飲用できる為、お試ししてみてはいかがでしょうか?

首いぼの治療方法(皮膚科編)

自分でケアするのは心配な方や、なるべく早く治したいという方には、やはり皮膚科を受診する事をおすすめいたします。

「アクロコルドン」や「スキンダック」のような小型の首イボの場合は、「液体窒素による冷凍療法」「ハサミで切り取る方法」「炭酸ガスレーザーによる治療法」があります。いぼの種類により皮膚科でおすすめする治療法を行う事になります。

「軟性繊維種」「懸垂性繊維種」のように大型の首イボの場合は、「手術」や「炭酸ガスレーザーによる治療法」があります。大きさや部位により異なりますが、いずれも皮膚科でおすすめする治療法を行う事になります。

治療法によってはその場でできるような簡単なものから、手術のように後日時間をかけて治療するもの等、タイプによって異なります。まずは皮膚科でご相談するとよいでしょう

首いぼに注意したい点

以上が首イボによる説明とその治療法になりますが、自己判断が危険な場合もあります。

次のような症状がみられた場合には、早急に専門家を受診する事をおすすめいたします。

・黒っぽい、濃いめの茶色等、いぼの色に変化がみられるようになった
・以前よりも大きくなった
・出血をした
・直径が7㎜以上もある
・痛みを伴う

これらはいずれも悪性である可能性があります。自己判断は大変危険です。変化に注意し早急な対応が求められるといえるでしょう。

日頃から身体のケアは大切です。いや~な『首イボ』も早急に撃退しましょう。

シルキースワン

首イボに効果のある成分や治療薬など

ヨクイニン漢方薬でいぼ取り驚きを知る

ヨクイニンという言葉を聞いたことがない方も多いかと思います。ヨクイニンは、いぼ取りとして有名ですが、いぼだけでなくお肌にも健康にもいい漢方薬です。ぜひその効能を知って、試してみることをおすすめします。

ヨクイニンとはいったい何なのでしょうか?聞きなれないかたも多いかと思いますが、通販番組などでヨクイニン錠を飲みましょう、などという宣伝で耳にしたことがあるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

昔から、健康のためにハトムギ茶を飲む方も多いですが、ヨクイニンは、イネ科の「ハトムギ」の皮を取り除いた成熟種子で、漢方薬の一種です。この漢方薬は、保険治療で使用することができる処方薬としても使われています。

お肌の新陳代謝を促しニキビや肌荒れを改善するヨクイニン

知らない方も多いこのヨクイニンですが、その効能は実に多岐にわたり、目を見張るものがります。こんなにいいものを今まで知らなかったとは、ぜひ利用しないと損していると思います。

まわりにお肌のきれいなお友達はいませんか。どんな化粧品を使っているのだろう、まねをしてみたいと思うことがありますよね。その人はもしかしたら、このヨクイニンを愛用されているのかもしれません。

ヨクイニンはハトムギの外側の皮を取り除いたものですが、ハトムギにはたんぱく質やビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄などを多く含まれています。

ヨクイニンには、豊富なたんぱく質が含まれており、アミノ酸バランスも良いことで有名ですが、このたんぱく質は新陳代謝を促してくれます。新陳代謝がいいと、すでにできているいぼはとれ、またできにくくなります。

ビタミンB群も豊富に含まれているのですが、ビタミンB群の働きによっても、皮膚の新陳代謝は活発になります。そして、ビタミンB群は乾燥肌にも効果があるのですが、乾燥肌による敏感肌やアレルギー症状を改善してくれます。

ヨクイニンは免疫力が上がるのでウイルス性のいぼに効く

ウイルス性のいぼの原因にヒトパピローマウイルスというものがありますが、これは子宮頸がんの原因のウイルスと同じです。ヨクイニンには免疫力を高める効果があります。免疫力が落ちていると、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

免疫力が上がっていると感染しにくいですし、もし感染したとしても自然治癒することができます。また、コイクセノライドという抗腫瘍成分が含まれており、これがいぼをとるのに効果があるとされています。

それにデトックス効果や老廃物を排出してくれる作用もあり、また利尿作用もありますので、むくみがとれ解毒作用もあるのです。

抗がん作用や肝機能障害への作用もあるヨクイニン

ヨクイニンには抗がん作用があるとも言われています。肝機能障害への効果とともに研究が進められています。

ヨクイニンの副作用

ヨクイニンはハトムギという植物からできています。ですので、副作用が少なく、安心して使うことができます。

ヨクイニンの注意点

まれですが、副作用の症状があらわれる場合があります。主な症状としては、じんましんや下痢などです。

ヨクイニンの服用期間

ヨクイニンは、急激に効果があらわれるものではなく、ゆっくりと時間をかけて体質を改善していくことが大切です。半年くらいは続けることが必要だといわれています。

自宅でできるイボのケアならドクダミがおすすめ

ポツポツとび出て見た目も悪いイボできる部位によっては一刻も早く治したいですよね。

それに、皮膚科に行けばいいのかな?とは思っても、女性の場合には「イボ」というだけでなんだか恥ずかしい気もして「できれば自宅でなんとか治せないのかしら?」というのが本音だったりします。

そんな方におすすめの自宅ケア、けっこう色々あるんですよ。

ハト麦

えっ?ハト麦と驚かれる方も多いですが、昔から漢方や民間療法として親しまれてきたもので、イボにも効果があるといわれています。

ニガリ

お豆腐作りに欠かせない「ニガリ」実はイボに効果があるといわれています。

バナナの皮

バナナの皮をイボに湿布すると、イボに効果があるといわれています。

万能なドクダミエキスの効果を知る

自宅ケアに有効な成分として、ドクダミエキスがありますが、実際にどんな効果があるのでしょうか?

「肌荒れ」「白癬菌予防」「ニキビ」「吹き出物」「冷え」「血管浄化」「動脈硬化防止」「便秘解消」「水虫」「高血圧」「脳卒中予防」「胃痛」「利尿作用」「イボ」「湿疹」「食中毒予防」等、その効果は非常に多いといわれています。

使い方はお茶として、外用薬として、サプリメントとして等、色々な方法があり、それぞれの効能により使い分ける事ができます。

ドクダミには心配される副作用が少ない為、自宅で行うケアとしては比較的安全に取り入れる事ができるといわれています。

実際にドクダミエキスが使われてケア用品

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

シルキースワン

非常に人気のあるケア用品で、他にも「ヨクイニン」「オオバクエキス」「杏仁油」等の有効成分や、美容成分をふんだんに盛り込んだジェルタイプです。

ZELo+(ゼロプラス)ドクダミエキス6m

天然由来のオイルでイボに効果があるとされており、ゆっくりと肌質を改善しながら治していきます。

ドクダミ茶

一般的にもいろいろな種類の多い「ドクダミ茶」は、飲みやすく手軽に利用できると人気です。

これらは「イボ」に対して、ある程度効果があるといわれている物ですが、直接的な治療薬ではない為、時間を要すると考えられます。

新たなイボ発生の予防にドクダミエキス

ドクダミエキスは自宅でケアする場合に有効とされていますが、他にも効果が期待される「ヨクイニン」「杏仁オイル」「オオバクエキス」等と同様に、効果が認められるとされるだけで、直接の治療薬というわけではありません。

このように、早急にイボを取り除きたい…という場合には、やはり皮膚科等の医療機関を受診する事が望ましいといえるでしょう。

小さなイボであれば即日で治療できる場合もある等、意外に手軽に治せるのだといいます。

またイボの種類を見分けるのは難しく、自己判断で危険を招く場合もある為、心配のある方は専門家に診てもらう事をおすすめいたします。

しかしイボというのは、1度取り除いたからといって、再発しないものでもなく、複数発生する場合も多い厄介なものです。

その為、治療後にも自宅でできるケアを続ける事で、新たなイボの発生を予防する事ができるのです。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

目立たないとはいえ初期イボを絶対に放置するな!

イボができると大抵の場合は気になるという方もいれば、位置的に目立たないしそんなに気にしないと言う方もいると思われます。

しかし、イボの中でもウイルス性のイボは魚の目やタコと間違えやすく、放置していたら大変な見た目になる事があります。今回はもしも自身やお子さんに小さなイボを見つけた時と対処法についてご紹介します。

自身やお子さんの体を鏡で見てみた時、または足の裏を見ると小さなイボができている事があります。

ほとんどの人は「何だイボか」と思い、人目に触れない部分なのであまり気にせず、特に足の裏にできたものを魚の目か何かだろうと言う事で終わることが多いと思います。

しかし、そのイボがもしもウイルス性のイボだった場合はどうでしょうか。ウイルス性と聞くと「危ない病気!?」と思うかもしれませんが、命に関わるような事には滅多となりません。

ウイルス性のイボが進行するとますます見苦しい見た目になって行ったり、触ると痛みが走る事があるので、イボを見つけたときはまずウイルス性イボの初期段階である可能性も疑ったほうがいいでしょう。

こどもの足裏イボウイルスには要注意せよ!

特に小さなお子さんを持つ親御さんはこどもの足の裏にイボがあったら要注意であり、つい魚の目だろうと自己判断していると、実はウイルス性イボだったという事があるのです。

ウイルス性イボ、その見つけ方と原因は?ウイルス性のイボは初期段階だとほとんど目に見えることは少ないため、目視での発見は難しいと言えます。とはいえ、手で触れば何か突起っぽいのがあると感触で分かるので、自身の体やお子さんの体にできたイボも親御さんが触れば見つけることができます。

とはいえ、かきむしる様な真似をするとそこから本当に菌が入って悪化する可能性があるので、むしりとるような真似はしないようにしましょう。このウイルス性イボがなぜ体に出るのかと言えば、人間の体は気付かない間に小さな傷ができる事があり、そこからウイルスが入ってイボとなるのです。

特にお子さんは肌が柔らかく、素足でいる事が多いために足裏が傷つきやすく、足裏にウイルス性イボができる事があるのです。

ウイルス性イボは初期段階であればそんなに痛みもありませんし、特に気になるほどではありません。しかし、進行が進むと見た目はかなり見苦しくなってしまい、足の裏だと痛みを感じる事もあります。

さらに気になるからと言って、かきむしったりするとその手にウイルスが付着し、そのまま他の体の部位を触るとそちらに移ってさらにイボができる可能性もあります。

特にお子さんだと気になってかきむしっている事もあるので、そのようなことをしていた時はすぐにやめさせましょう。

そして「おかしい」と違和感を感じたらすぐに皮膚科の病院で診断を受けてみましょう。

ウイルス性イボは初期段階なら治療できるウイルス性イボは初期段階であれば、皮膚科へ行って治療する事で早く綺麗に治せる確率が上がります。

逆に重症化して何個もできたり、見た目的にもひどい状態だと治療にとても時間がかかることがあり、ほぼ毎日のように何ヶ月も通う必要が出たりするため、定期的な通院で親御さんにも大変な負担がかかる可能性があります。

治療では液体窒素で焼く事が多いですが、重症化していると大人でも顔をゆがめるほど痛い事があり、お子さんだと我慢強い子でも無い限りは痛みに耐えられずに泣き出してしまう可能性があります。

そのため、もしも自身やお子さんに気になるイボができた時は自己判断せず、お子さんも親御さんも大きな負担になる前に早めに皮膚科に行って診断と治療を受けましょう。

意外とよく知らないイボができる仕組みとは

毎日見ている自分の顔や首などにふとできたことに気づくことが多いのがイボ。でもイボについてはその存在は広く知られていても、イボが一体何なのか意外とその実態についてはよく知らないことが多いという方は多いのではないでしょうか?

できてしまったイボは放っておいてもいいものなのか、何か悪い症状は出ないのか、そんな気になるイボについてまとめました。

イボの種類についてそもそもイボとは何なのでしょうか。イボは皮膚病の一種で小さく盛り上がった腫瘍のことです。

顔・手・足・首・背中など色々な場所に見られます。

悪性のイボには注意しなければいけない

イボの種類には一般的に多くみられる尋常性疣贅、足の裏に現れる事が特徴である足底疣贅、年齢を重ねるごとに発生しやすくなる老人性疣贅、子供がかかりやすい水イボである伝染性軟属腫、紫外線などによりダメージを受けることでできる軟性繊維種、性病の一種である尖圭コンジロームなどといった多くのケースがあり、イボはそのほとんどが良性のものですが、悪性のものも存在します。

各イボの発生原因についてではそんなイボの発生原因・経緯はどんなものなのでしょうか。イボの多くはウイルス感染によるものが原因となります。

イボの原因となるウイルスはヒト乳頭腫ウイルスといい、数多くの種類があります。小さな傷口からでも皮膚に進入することで感染します。

ウイルス性以外には老化が進むにつれてできるイボである「老人性イボ」があります。老人性イボはウイルス性と異なり、感染することはないため大きな支障にはなりにくいことが多いです。

また、紫外線を浴びることで皮膚を守ってくれるメラニン色素が分泌される半面ですべてを身体から排出されないで蓄積されていき、イボとなっていくケースもあります。

イボができた時の対応法イボの治療には内服薬を服用し、抵抗力を高めることで回復を図る方法、クリームはオイルといった塗り薬に代表される市販薬を使うことで改善を図る方法、皮膚科等の医療機関での治療にはレーザーを用いてイボを丸ごと焼き切る方法、マイナス196度の液体窒素を使ってイボの皮膚の組織を壊して取る方法があります。

イボを自己処理で取るとばい菌が体内に入る可能性がある

イボをはさみで切り取るという荒業もありますが、ばい菌等の感染により事態を悪化される原因ともなりますので自分で行うことは絶対避け、医療機関での診断・判断を仰ぐようにしてください。

ウイルス性イボの対処には保険適用外となることも多く、液体窒素は治療法は保険適用となるため、広く用いられています。

まず、ウイルス性のイボに関しては身体の抵抗力が落ちているときは感染しやすく、また治療しても再発しやすくなります。

規則正しい生活と、疲労を溜めないように適切な栄養管理などを行い、免疫力を高めるようにすることが大事です。

また、傷口から感染するため、刃物を用いた作業などは十分に注意し、もし傷を負った場合は消毒・治療を行い、感染に気をつけるようにしましょう。

他に紫外線が原因のイボに関しては肌の露出を避けるように長袖の着用を多めにし、日焼け止めクリーム等を使用して肌を守るようにしましょう。

シルキースワン

ウイルス性等のイボに対するワクチンはあるのか?

お子さんにもできる事があるウイルス性のイボは足裏だと魚の目やタコと間違えやすく、気が付いたら重症化して大変な状態になる事があります。

このようにたかがイボと思っているといつの間にか重症化してしまい、治療のために皮膚科へ何ヶ月もほぼ毎日通わなければならなくなる事もあります。

そうなる前にこのような「イボに対するワクチンは無いのか?」という疑問があるかと思います。結論から言えばウイルス性イボの原因であるヒトパピローマウイルスイボを予防するためのワクチンは現在開発されておりません。

そのため、インフルエンザや麻疹のようにワクチンを予防接種をすればイボも怖くない..とはならないのです。

イボ予防ワクチンは実際に存在しないのか?

基本的にウイルス性イボ等はワクチンを使わなくても予防できる事、早期発見なら治療もすぐに終わるからです。

基本的にワクチンとは感染力が強く、さらに重症化すると命に関わったり、後遺症が出る可能性のあるウイルス等に対して作られます。

ワクチンを接種する事で、事前に「抗体」とよばれる人の体にあるウイルスに対する防衛機能を作り、免疫力を上げて重症化を防ぐためにワクチンを予防接種するのです。

しかし、ヒトパピローマウイルスはワクチン無しでも十分に予防する事ができるので、予防接種があまり必要はありません。

そのため、ワクチンを開発するまでも無く、予防で防ぐ事ができるためにワクチンを作る必要性があまり無いのです。

ワクチン無しでもできる予防ウイルス性イボの原因となるヒトパピローマウイルスを予防するワクチンはありませんが、ウイルスを予防する方法はあります。

基本的にウイルスの進入路である傷を肌につけないよう、肌を守るために傷の可能性がある作業などをする場合は手袋や靴下で傷ができないよう、手足を保護するだけでも予防になります。

また、肌が乾燥すると傷がつきやすくなりますので、冬場やお風呂あがりの乾燥しやすい時は保湿クリームなどを塗る等で肌の保湿に努めましょう。

さらに「ささくれ」や「ひび」と言った手が荒れているのもウイルスの進入路になり、男性であればカミソリ負けで肌が傷つくとそこから進入路になりますので、肌の荒れに対するケアも重要です。

そして、小さなお子さんは素足で走り回る事が多く、足裏が傷つきやすい上に汚れているとウイルスが進入しやすいので、親御さんが定期的にお子さんの足裏をチェックしてあげましょう。

肌を強化してイボ予防に備えていく

野菜や乳製品といった物に含まれるビタミン等も肌を強くしてイボの予防に効果があるので、正しい食生活で健康的で強い肌を持っていれば、ウイルス性イボになる確率も下がるのです。

早期発見ならすぐに治せる例として万が一、お子さんやご自身の足裏イボが既にできていたとしても、早期発見の段階で皮膚科に行けば綺麗に治る確率も上がります。

特に押さえると痛い、かゆい、赤く腫れている、何だか芯みたいなのがあるなら要注意です。

このように怪しいと感じてすぐに皮膚科のある病院に行けばイボは高確率で早く治す事ができるのです。そのため、自己判断で大丈夫だと思わない事と、放置しない事が大切です。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

イボは人同士の部位にうつるのか?それともうつらないのか??

イボが一個だけならさほど気にならないかもしれませんが、これが体のあちこちにあった場合は「もしかして移っているのでは?」と不安な気持ちになるかもしれません。まず結論から言えば、イボにはうつるタイプとうつらないタイプがありますが、素人がイボを見ただけではうつるイボ・うつらないイボかは判断できません。

そのため、うつらないと自己判断して放置していたら時間と共に増えていたり、別の場所にも移ってイボができてしまう可能性があります。

あちこちにイボができた原因が、実は最初に見つけたイボが感染源であった可能性もありますので「イボはうつらない」という認識は持たないようにしましょう。

特にイボが「痛かゆい」「赤く腫れている」「イボの中に体液のような物がある」場合は「うつるイボ」の可能性もあるので無闇に触らないようにしましょう。うつるイボとうつらないイボの違いうつるイボとうつらないイボはどう分けられるのでしょうか?

基本的にイボは加齢による物や皮膚が擦れる事によってできる物などがあり、こういったものが他にできる事はあっても他人にまで移ったりする事は少ないです。

しかし、以下の3つのイボは自分だけでなく他の人にもうつる可能性がありますので注意しましょう

ウイルス性イボ

ごく小さな傷口からヒトパピローマウイルスというウイルスが入ったことでできるウイルス性のイボであり、子供にもできることがある。かきむしったりするとそのかきむしった手で他の部位を触ると、その部位からウイルス性イボができる可能性があります。

水イボ

ポックスウイルスというウイルスに感染する事でできるイボであり、人が集まるプール、温泉、浴場、スパといった水場でうつることのあるイボです。症状としては小さな3mm程度の水泡ができるのが特徴であり、潰すと白い膿のような物が出てきます。そのため、家族で感染者が出た場合はお風呂やトイレ、洗面台等の水場の共有スペースを別々にする等の対応が求められるほど厄介なイボです。

尖圭コンジローマ

性器や肛門付近にできるイボであり、性病に分類されるイボでもある。尖圭コンジローマは性行為のパートナーにうつる可能性が高く、ニワトリの鶏冠のようなイボができてしまい、軽い痛みとかゆみがある事があります。何よりも悪臭を放ってしまいますので、口元にできたりすると非常に臭いが気になってしまい、人前に出にくくになります。

素人判断でイボはうつらないと思いこまない!

イボはうつらないと思い込まず、早めに治療するイボがうつる、うつらないは素人では判断できませんが、痛みやかゆみ、赤く腫れている等の症状があれば「うつる可能性があるイボではないか?」を疑っても良いでしょう。

イボができた場合は人目に付く部位だったりするならば包帯などで覆い、他の人にうつらないようにしましょう。また、早めに最寄の皮膚科、子供なら小児科等で医師の診断を受けて治療を受けましょう。

イボの状態も早い内なら早期の治療ができますが、身体のあちこちに移ってしまうと治療が長引いてしまいますので、怪しいイボを見つけてもむしらない、放置しない事が大切です。

特に子供の場合は早めに治療しなければ、重症化したりあちこちにできると治療が長引いてしまいますので、親御さんの早めの判断が重要です。

シルキースワン

免疫力が大きなカギを握るイボの自然治癒は可能なのか?

皮膚にできものができたら、何かうつるもの?治療が必要なのかな?と疑問になり病院に行くこともあるでしょう。

そしてイボだと判明すると、どんなイボか調べるために検査があり、ウイルス性のものか、そうでないものか判断することができます。

イボの種類が判明したら治療法が選択されます。

その治療法には、冷凍凝固やレーザー、内服薬といろいろなものがありますが、痛みを伴ったり、副作用の心配もあることから、イボごときで果たして治療が必要なのかと疑問になることもあるでしょう。

そのような疑問のある時には、自然療法を選択するという方法もあります。

健康な皮膚に広がる可能性もあるウイルス性のイボ

老人性イボと呼ばれるものは、摩擦や紫外線の影響で増えることもありますが、ウイルス性でないため、特に治療を必要としません。もしも美容が気にならないのであれば、放置しておくことも可能です。

完全になくなるという治癒は難しいですが、これ以上増やさないようにケアをすることで目立たなくしたりすることはできます。反対にウイルス性のイボの場合は、健康な皮膚に広がる可能性もあるし、他の人に発症する可能性もあります。

そのため、治療が必要なこともあるのです。しかし皮膚科の見解では、ウイルス性であっても、免疫ができると自然に消えていくために治療をせずに放置でも良いという場合があります。

特に時期的にほかの人に接触しにくい場所であった利、痛みがない場合には、早急な治療は必要としませんね。つまり自然治癒が可能になるのです。

免疫力をつけるためにはどのような方法があるのか

基本的な免疫力をつける方法は、健康的な生活をするということが基本です。

健康的な生活とは..

・暴飲暴食をせず、食事のバランスに気を付ける
・ビタミンやミネラルなどを積極的に摂取する
・毎日の十分な睡眠

私たちの身体は睡眠中に成長ホルモンなどを分泌しています。ホルモンのバランスを整えることは、免疫力を高めるのに効果的なのです。

体温をあげる

体温が1度下がると免疫力は37%下がると言います。また腸内でも悪玉菌が増え、免疫に大きく関係する腸内環境が悪化するのです。

ストレスをためない

ストレスをためると免疫細胞であるNK細胞の働きが悪くなります。

皮膚のケアを心がけるイボを改善するためには、健康的な皮膚を保つことが大切です。健康的な皮膚を保つためには、保湿が重要です。私たちの身体は、約60%が水分で構成されています。

肌の細胞も水分を含んでいるのですが、皮脂や乾燥の影響を受けやすく、細胞の水分が少なくなりがちです。水分が減ってしまうと、肌のバリア機能が低下して、傷つきやすくなります。

その結果、肌のターンオーバーがスムーズにいかず、角質がたまりイボができやすい状態になるのです。

それを予防するためには、しっかりとして保湿ケアを継続して続けることが大切です。そしてイボの自然治癒も期待することができるようになります。

以上、【首イボマスター】ポツポツの老人性イボやブツブツな首のイボや顔イボをコロリとバスターする…でした。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選