Contents

人気の首イボを除去クリームBEST3

  • シルキースワン

    さわやかなバーベナの香りで感動のポロ!つる!ピン!のポツポツケア専用美容ゲル『シルキースワン』は首ケア商品ランキング堂々の第一位!を獲得している人気商品です。
    内村涼子さん(29歳 女性 自営業)
    Vネックの洋服が着れなかったので、シルキースワンを買ってみました。トロっとした、滑らかなクリームは、保湿効果が抜群で、イボに効くヨクイニンも入っているのでダブルパワーでイボがなくなりそうです。肌が柔らかくなっていくのを感じ、ずっと使い続けていけば効果が出そうで嬉しいです。肌馴染みが良いクリームなので、使いやすいです。
    佐竹さん(52歳 女性 医療事務)
    私も40代後半になった頃から、首元があいた服を着ると、それまで気づかなかったポツポツが目立つようになっていました。これが、あの「首イボ」か始めて実感した日に、職場で先輩に相談して勧められたのがシルキースワンでした。これで、ぽろぽろ取って、また自信を持って首元があいたファッションを楽しもうと思っています。
  • クリアポロン

    首~デコルテ~目元の手ざわりが気になる嬉涙ポロリの快感がたまらない!と評判の『クリアポロン』は手ざわりも透明感も浸透角質ケア「なめらか」+「すべすべ」のオールインワンクリームです!
    あやまんさん(36歳 女性 看護師)
    30代を過ぎた頃から首やデコルテ周辺に小さいイボのようなものができ始めました。襟の広い服を着た時にすごく気にしてなるなと思い、SNSでの口コミが良かったのでこちらを定期購入しました。敏感肌に使えるので、刺激も少なく使いやすいです。肌が綺麗になり、二個目を使い終える頃に首のイボが少なくなってきたのに気がつきました。
    蒼芽さん(45歳 女性 会社員)
    薬剤師さんに相談し、クリアポロンを購入し毎日使ってだんだんとイボが柔らかくなり、習慣のように塗り続けていた結果、約2ヶ月くらいほどで気がついたらなくなっていました。これがあればまたイボができても怖くないです。
  • わらびはだ

    気になる首のポツポツに沖縄美容成分で首元や目元などにアプローチする『わらびはだ』は沖縄美人には欠かすことのできない角質・保湿ケアのボタニカル無添加のオールインワンジェルです。
    みりん子さん(29歳 女性 コンビニ店員)
    首周辺のシミやブツブツが気になっていたので、わらびはだを使い始めました。顔や体に使えるオールインワンジェルなのでスキンケアもこれ1本にし、洗顔後は必ず使うようにしていました。使い始めてすぐに肌がしっとりし、今までよりも肌が柔らかくなったのを実感できました。
    むらさきさん(44歳 女性 銀行員)
    3年くらい前から、首のまわりにポツポツが目立つようになってきて、なんだか一気に老けてしまったように感じていました、皮膚科に行くのも面倒だし、何か自宅で試すことが出来るものはないかとネットで探して「わらびはだ」を見つけました。オールインワンジェルなので、とても使いやすく、ぬり心地も、ほんのり香るシークワーサーの香りも、気に入っています。

いつの間にかぽつぽつと首の周りに現れた「イボ」の正体?

それは「首イボ」なるものです。

非感染性で良性なので、人に移す感染性のいぼとは異なり心配はいらないといいますが、やはり首周りの開いた衣類を着た時等は人目も気になり、悩みの種と言えるでしょう。

この様な首イボの実態に迫ります!

ポツポツ首イボの本当の正体とは?

艶つや習慣でポツポツ首イボの悩みが解消

年齢のせいなのか?

食事のせいなのか?

日焼けが原因なのか?

それとも何か悪い病気のサインなのか?

ポツポツ首イボの本当の正体とは?
いつのまにか首の周りにできてしまった「ぽつぽつ」鏡に映してみるとなんだか嫌な感じがしてしまいますよね。

触ってみると特に痛みはなく、ぽつっとしている以外には特に症状がない事が一般的です。

ただ薄着になって首の周りが大きく開いた服を着る時等は、そのぽつぽつと突起したいぼが気になってしまうものです。特に女性なら尚更ではないでしょうか。

この正体は何かというと、実は首イボと呼ばれる非感染性のいぼで、皮膚の良性腫瘍の1種といわれています。

首周りに沢山できるこの首イボは「アクロコルドン」 「スキンダック」と呼ばれるものが大半で、中高年以降に目立ってくるのだといわれています。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

意外とあった!首イボの種類について

中高年以降に多く見られるという首イボは、主に次のようなタイプに分けられます。

お年寄りに見かけるアクロコルドンとは

首いぼアクロコルドンというと全く聞きなれない病名だと思いますが、首にできる小さないぼというと「ああ、あれか!」とお分かりになるかたも多いのではないでしょうか。

よくお年寄りの首まわりにできているのを見かけます。

美容的にあまり美しくないですし、老けて見えてしまうのであまりうれしくないイボですが、できている人も多いかと思います。

どうしてこんなものができてしまうのでしょうか。

なんだか心配な気がしますが、これはウイルスによるいぼと非感染性のものがあります。

首にできることが多いですが、皮膚の柔らかい目の下や脇などにもできることがあります。

首いぼアクロコルドンは悪性の腫瘍ではなく、良性腫瘍なので心配はいりません。

シルキースワン

30代以降にできることが多いといわれていますが、10代からできる人もいます。

早くでき始めるのは体質もあり、そういう人は年齢が進むにつれて大きくなってしまうことがあるようです。

確かに、大きないぼの人を見かけることもよくありますし、大きくなってくると洋服やアクセサリーが引っ掛かって痛い思いをすることがあります。

また、濃い褐色のいぼができることもあり、それだとよく目立ってしまいます。

そういった場合は、できれば除去してすっきりしたいものですよね。

首いぼアクロコルドンの治療の流れ

首いぼアクロコルドンは除去したいけれど、痛そうだな、怖いな、と感じている人も多いのではないでしょうか。

では、どのような流れで治療されるのでしょうか。

液体窒素で凍結療法

首いぼアクロコルドンは、-200°の液体窒素で凍結して簡単に短時間でとることができます。

しかし、施術は簡単ですが、痛みが伴います。

人によってはこんなに痛いのであればやりたくない、と思うほどの痛みを感じるようです。

また、一度ですべて取りきることは難しく、完全に除去するまでには何度も凍結療法をする必要があるようです。

液体窒素で行うと、保険が適応され安い費用で済みますが、傷が残りやすいという欠点があります。

レーザー治療

ほかには、レーザーでいぼを丸ごとくりぬく方法があります。

レーザーによる治療だと出血も少なく、痛みも少なく傷跡が残ることもあまりないようですが、こちらも一度で終わることはできなくて、3か月から半年かけて治療する必要があります。

費用が、1ミリ当たり、2,000~5,000円と病院によって違うそうなのですが、たいへん高額なところがデメリットです。

内服薬で治療する

「ヨクイニン」という成分が、いぼに効くとされています。

ヨクイニンとは、ハトムギに含まれている成分で、昔からいぼやアトピー性皮膚炎、肌荒れの治療に使われてきた漢方薬です。

タンパク質や、ビタミン、カルシウム、鉄分、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれており、お肌の新陳代謝を促してくれます。

皮膚細胞の生まれ変わりに効果があり、また免疫力が向上されることから、ウイルスに対して強くなる効果が期待できます。

自宅でオイルや軟膏を塗る

首いぼアクロコルドンに効くとされるオイルやジェルが販売されています。

首いぼが除去されるまでには時間がかかりますが、痛みはなく自宅でケアすることができます。

また、ティーツリーオイル、ひまし油、リンゴ酢、バナナの皮、玉ねぎジュース、パイナップルジュース、アロエなどを塗るのも効果があるといわれています。

試してみてはいかがでしょうか。

首すじや胸元のポツポツスキンタッグを徹底防御

スキンタッグとは、首すじや胸元にできるポツポツしたいぼの事です。

人から見えるところにポツポツしたいぼができてしまうとどうしても気になってしまいますよね。

そんなスキンタッグをどのようにケアすれば良いのかご紹介します。

睡眠不足や紫外線のダメージで引き起こすスキンタッグ

スキンタッグは、首すじや脇の下、胸元、太ももの付け根に主にできます。

皮膚が柔らかくて薄い箇所にできやすいと言われていて、老化が原因と考えられています。

このスキンタッグを引き起こしてしまう原因は、睡眠不足や紫外線のダメージによるものです。

紫外線のダメージは蓄積されていきますので、歳を重ねるとスキンタッグはできやすくなります。

中高年ではスキンタッグが多くみられますが、近年、不摂生などが原因で若い方にも見られます。

スキンタッグは、角質が溜まって大きくなったいぼなので、ターンオーバーが乱れるとできやすくなってしまいます。

角質の乾燥を防ぐことでターンオーバーを整える

スキンタッグは、皮膚のターンオーバーが乱れる事でできやすくなりますので、肌のターンオーバーを整える必要があります。

肌は28日周期で新しく生まれ変わっています、年齢が上がるとこの周期は長くなる傾向にあります。

スキンタッグは身体には害のないいぼですが、あまり見栄えが良くありません。

肌のターンオーバーを整えるには、規則正しい生活を送る事が大切です。

また、ビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり摂るのも重要で、野菜や果物、脂身の少ない肉がオススメです。

ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCを積極的に摂ると肌の新陳代謝が活発になります。

ターンオーバーは年齢だけではなく、肌の状態が悪いと乱れてしまいます。

できる限り、10時から午前2時までの間には就寝すると肌のターンオーバーが活発になると言われています。

化粧や汚れもしっかり落として、化粧水などで保湿して眠ると効果的です。

そうする事で角質の乾燥を防いでターンオーバーが正常に行われます。

日焼け止めやサングラスでスキンタッグ防ぐ

スキンタッグは、皮膚科でも治療ができます。

主な治療方法としては、液体窒素でスキンタッグを凍結させて除去する方法や、炭酸ガスレーザーでスキンタッグを焼き取ってしまう方法になります。

液体窒素で凍結して除去する方法は費用は安く済みますがが、スキンタッグの周りの皮膚も凍結して変色する事もあるので、医師によく相談する事をオススメします。

炭酸ガスレーザーは、保険適用外の治療なので治療費が高額になるのが難点です。

病院での治療が怖いという方には、自宅でのセルフケアもできます。

ハトムギは昔からイボ取り薬としても使われていて、シミやしわの予防もできます。

ハト麦茶や薬局などで売られているハトムギ配合のサプリメントで治療ができます。

あとは、スキンタッグの予防には保湿が効果的と言われていますので、普段から保湿をしっかりとする事でスキンタッグができるのを防ぐ事ができます。

肌が乾燥していると、肌のターンオーバーが乱れ、スキンタッグだけでなく、シミやソバカスの原因にもなります。

紫外線も原因ですので、日焼け止めやサングラス、日傘などで紫外線を防ぐ事を心がけましょう。

軟性繊維種は良性の腫瘍でも見た目がよくない

単なる首イボと思っていたけど、ちょっと大きくて見た目も嫌な感じ、軟性繊維種は良性というけど、女性にとってはやっぱり不快ですよね。

軟性繊維種は良性の腫瘍でも見た目がよくない

そんな時には、意外に手軽に処置できるので、皮膚科に行ってみる事をおすすめいたします。

稀に悪性のイボである事もある為、安易な自己判断はやめましょう。

ある日、着替えをしながらふと映った鏡を見ると..

「ん?何これ?」

ワキの下の方になんだかぷっくりと飛び出ているものが……

触ってみるとちょっと柔らかく、特に痛くもかゆくもないけど

「なんかイボみたい!?」

こんな経験ありませんか?

この様に発見されるきちんとしたイボの大半は、良性の腫瘍であるものが多く、特に放置しても問題がありません。

年齢を重ねると、首の周りでポツポツと飛び出ている首いぼを見かける事がありますが、これと同様のものであり、皮膚の薄い場所や、衣類等の摩擦を受けやすい場所にできやすいといわれています。

艶つや習慣 URL1

小さめのものを「アクロコルドン」「スキンダック」と呼ぶ事が多いですが、これらが少し大きくなったものを『軟性繊維種(なんせいせんいしゅ)』と呼ぶのだそうです。

美容意識で行う軟性繊維種の治療とは

良性の腫瘍である軟性繊維種は、基本的には治療の必要はないとされていますが、特に女性の場合には見た目の美容的な意識の為に、取り除きたいと考える方が多いとされています。

この様な場合、皮膚科や美容外科では、その大きさに合った治療法で処置をする事ができます。主な治療法は次の通りです。

液体窒素での治療

これは患部に超低温の液体窒素を当てて、イボを凍傷させながら時間をかけて脱落させる治療法で、一般的に多く行われています。

レーザー治療

少し大きさの大きい場合に用いられる事が多く、レーザーでイボを削って取り除く治療法です。

切除手術

麻酔を行い外科的処置によりイボを切り取ります。

このような治療法があり、医療機関やイボの大きさにより、それぞれに合った治療法を行います。

小さなイボの切除の場合には、手軽に自分で取る「ハサミで切る」という取り方などもありますが、軟性繊維種程度の大きさの場合にはあまり行われないといわれています。


軟性繊維種のこれからの予防について

イボの発生しやすい場所とは、首・背中・胸・お腹・脇・鼠径部等が一般的であり、皮膚の柔らかい場所や、衣類・アクセサリー等の摩擦や圧迫を多く受けやすい場所であるといわれています。

その為、この様な部位には複数できやすく、1つを取り除いてもまた別のができるという事がよく起こります。

このように、日頃から予防する事が大切といえるでしょう。

基本的には紫外線の影響を受けにくくする事、擦れやすい衣類やアクセサリーをなるべく避ける事、そして皮膚をしっかりと乾燥から守りよく保湿する事、等があげられます。

年齢とともにどうしても増加傾向にある首いぼ、できる範囲の努力で予防したいものですね。

軟性繊維種に異変を感じたら即病院へ行こう!

年齢とともにできやすいこれらの首イボですが、大抵の場合は良性であり心配はいらないといわれています。

しかし素人目にはわかりにくく、中には色や形が変化するといった、悪性の腫瘍である場合もないとは言い切れません。

「急激に大きくなった」
「色が黒っぽくなってきた」
「痛みや痒み等の症状がある」

..など、短期間で変化を乗じる場合には悪性である可能性が否定できません。

この様な場合には油断せずに、早急に医療機関を受診しましょう。

小さな良性のイボである「アクロコルドン」や「スキンダック」程度の場合、自宅でケアできる美容液等も多く見かけますが、少し大きめとなった軟性繊維種の場合には、ケアにかかる時間を考えると、病院での処置がおすすめといえるでしょう。

結果には個人差もある為、自宅でもきちんとしたケアによるイボの取り方ができないわけではありませんが、キレイに早くと考える場合にはあまりオススメできないといえるでしょう。

いずれにしても、これらのイボを不快に感じるのであれば、より適切な処置を受けるとよいでしょう。

大きく垂れ下がる懸垂性繊維種の首イボをいち早く処置したい

聞きなれない言葉ですが、懸垂性繊維種といういぼがあります。

首いぼは目立ちますので気になるところですが、どうやって予防したり、できてしまった場合はどのように治療を行えばいいのでしょうか?

その方法をご紹介します。

懸垂性繊維種って何?皮膚病?

懸垂性繊維種とは、軟性繊維種が肥大して垂れ下がったような状態のいぼの事です。

見た目は梅干しのようにも見えて、肌色に近い色から、茶色いものまであります。

鼠蹊部や脇の下、外陰部にできやすく、良性の腫瘍です。良性の腫瘍ですので健康には特に悪影響は与えませんが、見た目に問題があり、皮膚の一部が垂れ下がったような状態なので気になります。

自分で取るイボなどは人への感染はしませんが、中年期以降の方には多くみられます。

摩擦などによって、皮膚の角質が増殖して飛び出し、懸垂性繊維種ができるのです。

良性の腫瘍から悪性に変わる事はありませんが、擦れたりすると炎症を起こして赤くなる事もあります。

衣類の脱着時に引っかかりが気になる方もいるようです。遺伝によって懸垂性繊維種ができる事もあるようで、両親や親戚に懸垂性繊維種がある方は遺伝してできてしまう事もあります。

懸垂性繊維種ができるはっきりとした原因はまだ解明されていませんが、予防方法はいくつかあります。

年齢を重ねるとあちこちにいぼができやすくなりますので老化が原因ではないかとも言われています。

懸垂性繊維種は液体窒素で凍結させ焼き取る

普通、首などにできるいぼの治療は塗り薬や切除です。懸垂性繊維種の治療ですが、一般的には塗り薬での治療は困難なために小さめのものは液体窒素で凍結させてメスで焼き取ります。

懸垂性繊維種は液体窒素で凍結させ焼き取る

何週間かすると瘡蓋になって赤みが出て目立ちますが、一年以内には赤みが引いてきれいに治ります。

大きいものになると、麻酔を打ってメスで切除します。

垂性繊維種が大きいとメスで切り取った後で縫合によって傷跡が残る事もあります。

小さいものは液体窒素で凍結させて除去するので、費用は液体窒素が一番安いと言われています。

保険適用外の治療もありますので、医師と相談の上、治療を行う事をお勧めします。

肥満体質になりやすい懸垂性繊維種のこれからの予防について

皮膚の一部が垂れ下がってしまう懸垂性繊維種ですが、このような状態になる前に予防はできるのでしょうか?

予防方法ですが、まずはいぼを作らないようにする事が大切です。

いぼができてしまう原因の多くは乾燥と摩擦によるものですので、高齢で肥満、乾燥肌の人は要注意です。

年齢が上がるとどうしても皮膚は乾燥しやすくなってしまいますので、高保湿化粧水やクリームでしっかりと保湿を心がけて下さい。

乾燥により肌の角質が増えるといぼができやすくなり、懸垂性繊維種にもなりかねますので乾燥には十分に注意した方がいいでしょう。

また、肥満体質の方も懸垂性繊維種ができやすいと言われていますので、日頃から運動するなどして肥満を予防しましょう。

紫外線を長年浴び続ける事で肌が老化して角質が溜まり、いぼができやすくなりますので外出する時には日焼け止めを使用したり、日傘をさすなどして紫外線対策もしっかりと行いましょう。

紫外線を浴びてしまった場合にはビタミンCを含む野菜や果物を多めに摂取するなどして、なるべく肌を老化させないように心がけましょう。

シルキースワン

首イボができやすい部位とその原因について

首イボができやすい部位は、首周りを代表として、他にわきの下・胸・横腹・鼠径部等の、皮膚が擦れやすい薄い部分にできる事が多いと言われています。

これらの箇所は衣類や皮膚同士の摩擦が起きやすい部位で、何度も擦れるうちに皮膚がダメージを受ける為に起こるといわれています。

更にもう1つ原因と考えられている事が紫外線によるダメージです。

年々紫外線が強くなっている事が問題視されていますが、肌は紫外線を強く受ける事により、メラニン色素を多く発生させます。

通常は新陳代謝とともに皮膚の細胞が新しく生まれ変わる事で、色素も薄くなるのがサイクルですが、年齢とともに代謝が悪くなると、肌のサイクルも乱れ正常な皮膚の再生に悪影響を及ぼすのだといいます。

こうしてダメージを重ねる事で「首イボ」ができやすい状態を作ってしまうと言われています。

いずれも摩擦や紫外線による皮膚の熱性の作用が影響している事が原因と考えられています。

恥ずかしいからと放置しない方がいい?皮膚の悩みは早めに解決

女性の悩みは尽きないもので、中には人に言い出し辛いものもあります。

恥ずかしいからと後回しにしがちな皮膚の悩みは、放置することで悪化するものもあります。

特にイボには体に広がっていくものもあるため、早めに対処した方がいい場合も多いのです。

恥ずかしいからと放置しない方がいい?皮膚の悩みは早めに解決

女性の悩みの中でも、皮膚などの見た目の悩みは他人に話し辛いものです。

服に隠れて見えない部分や、メイクでカバーできる範囲であればなおさらです。

何かと溜め込みがちな女性もいますが、中には放置を続けることで症状が悪化するものもあります。

早めに診察を受けて、健康上に問題があるかどうかを調べた方がよいこともあるのです。

見た目に影響があるものは恥ずかしいと思いがち

皮膚に関する悩みを抱える人は多く、特に見た目に影響があるものは深刻に考えてしまいます。

恥ずかしくて人に見せられないと思う人も多く、腕に異常があれば夏でも長袖を着るなど、不便さを感じながら隠す人もいるほどです。

生活に与える影響も大きく、苦しんでいる人もいるのです。

ポイントになるのが、見た目だけの問題なのか、健康に問題があるかの切り分けです。

健康に問題があるのではと考えてしまうと、余計に神経がすり減ってしまいます。

まず、健康への影響だけでも調べておいた方が良いのです。

見た目の問題をカバーする方法もあるため、まずは病気かどうか調べるのがおすすめです。

恥ずかしいからと放置すると悪化するケースもある

皮膚の異常を恥ずかしいからと放置すると、悪化してしまうケースがあります。

これはウィルス感染などが原因で広がる病気や、自然治癒で治らない病気が存在するからです。

代表的なのは水虫ですが、市販の治療薬も存在します。

ただし、水虫が足以外に感染するケースも存在し、病院で薬をもらった方がよいケースもあるのです。

イボの中にもウィルス感染で起こるものがあります。

イボの中にウィルスがたまった状態になるため、基本はイボをとって自然治癒を待つ形になります。

放置するとイボが大きくなったり、増えることもあるため、サイズが気になる場合は診察を受けるのがおすすめです。

放置すると治療の手間や時間が増えることになりかねないのです。

恥ずかしいと思ったら女医がいる病院を探す

皮膚に関する異常を恥ずかしいと思った場合は、まず女性医師がいる病院を探すのがおすすめです。男性医師相手でないだけでも心の負担が減ります。

恥ずかしいと思ったら女医がいる病院を探す

周囲の目が気になるのであれば、住んでいる場所から離れた場所で診察を受ける方法もあります。

知り合いに会う可能性を減らすことができれば、それだけ恥ずかしさも薄れるからです。

同じ悩みを抱えた人がいないか調べてみる方法もあります。

悩んだ上で皮膚科で診察を受けた人や、治療を受けた人の体験談は非常に参考になります。

中には、非常に恥ずかしい部位の治療を受けた人もいます。

恥ずかしいという気持ちが知識の不足からきていることもあるため、しっかり調べることは大切なのです。

病気以外のイボなら自分で落とすことも可能?

病気が原因でないイボなどであれば、自分でケアして落としてしまう方法もあります。

自分で切ってしまう人もいますが、治る保証はなく、跡が残るリスクがある点に注意が必要です。

自分で切る以外にもサプリメントを利用して代謝を促して落とす方法や、クリームなどを利用する方法もあります。

色素沈着が気になる場合は、美白成分が入った化粧品などを使って改善を目指す方法もあります。

イボなども含めて美容皮膚科などで相談する方法もありますが、費用も高額になります。

自分のお金の許す範囲で対処することも大切なポイントです。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

鼻の下の荒れが治らないのはどうして?中には病気が原因のものもある

鼻の下は顔の中でも特に肌あればおこりやすい部分です。

風邪や花粉症で鼻をかみすぎると荒れやすく、ウィルス感染を起こして慢性化するケースもあります。

イボなどがあるとさらに辛くなるケースが多く、対処法も考えた方が良い場合もあるのです。

鼻の下の荒れが治らないのはどうして?中には病気が原因のものもある

鼻の下は鼻をかんだ際に負担がかかる部分で、風邪や花粉症の時に荒れやすくなってしまいます。

アレルギー性鼻炎やアトピーの人は慢性化してしまうケースも多く、治療が必要になることがあります。

ただの肌荒れと思っていても、ウィルス感染などが原因でなかなか治らないこともあるので、おかしいと思ったら医師に見てもらうのも方法です。

鼻の下がどうしても荒れやすい理由は

鼻の下が荒れやすい理由の一つが、呼吸の影響を受けるからです。

人間は通常字は鼻で呼吸をするのが一般的で、鼻の下は呼吸に含まれる湿気の影響を受けることになります。

湿気が大きいのは保湿の面ではメリットですが、その分皮脂のバランスが崩れやすく、影響を受けやすい人もいるのです。

湿気が多ければ、雑菌が繁殖しやすくなるというデメリットもあります。

鼻の下が荒れているときにマスクをすると、湿度と温度の関係で余計に痒みがひどくなってしまうこともあります。

クリームなどで荒れた部分を保護するなど、工夫しなければかえって症状の悪化を招く場合もあるため、管理に気を配る必要があるのです。

鼻をかむとどうしても鼻の下が荒れてしまう

鼻をかむことで肌が荒れるのは、ティッシュが肌に必要な皮脂を奪い取ってしまい、強くふき取ることで傷をつけやすくなるためです。

ウェットティッシュなどを使えば負担は減りますが、除菌成分を含んだものの場合は逆効果になる場合もあります。アルコールなどの刺激が肌を痛める原因となるからです。

鼻の下の荒れを防ぐためには、風邪や鼻炎の原因をなるべく減らすのが基本になります。

早めに治療を受けたり、予防をすることが大切なのです。

一度風邪を引いたら鼻をかむ回数を減らすことは難しいため、事前の予防と早めの対処が大切なのです。

鼻炎があるならアレルギーの薬を貰うなどの対策が必要になります。

病気が原因で鼻の下が荒れてしまうことも

病気が原因で鼻の下が荒れてしまうこともあります。

これは一度肌が荒れると、雑菌などが這いこみやすくなるからです。

ウィルスやカビなどが原因の肌荒れの場合は皮膚科での治療が必要になるため、肌荒れが長引く場合は一度診断を受けるのが大切になります。

注意したいのは、内科などで診察を受けても、詳しいことはわからないことが多い点です。

診察を受ける科目が異なれば、医師の専門知識の具合も異なります。

検査が必要になる場合もあるため、肌荒れは肌荒れ、鼻炎は鼻炎などと分けて考える必要があるのです。

再発の恐れがあるものもあるため、完治を医師に確認してもらうことも大切です。

鼻の下にイボができてしまった場合は?

鼻の下に突然イボができるケースもあります。

イボは自然に発生するものと、ウィルスが原因で発生するものがあります。

鼻の下にイボができてしまった場合は?

老化によって発生するイボもありますが、急激に大きくなる場合はウィルス感染で起こったものの可能性もあるのです。

特に肌荒れが慢性化している場合は感染リスクが高まります。

ウィルス性のイボは、ウィルスの保持者と接触することでおきます。

飛まつ感染などは無いものの、不特定多数の人と触れ合うような状態となった場合はどこから感染したか分からない場合もあります。

治療の基本は皮膚科で治療を受けることです。

ウィルス性以外のイボの場合は、独自の工夫やアプリメントの利用などで落とせる可能性もあります。

首イボに効く除去クリームおすすめ3選

【サイトマップ】

Pocket
LINEで送る