杏仁オイルは、あんずの種の中にある仁を低温圧搾して取り出したオイルです。杏仁オイル以外にも、アプリコットオイルやアプリコットカーネルオイルと呼ばれ、古くから生薬として咳や痰、吐き気などに効くと利用されてきています。

有効成分は脂肪酸とアミグダリンで、人間の皮膚に最も多く含まれている成分であるオレイン酸が豊富に含まれているので、肌に優しい極上のスキンケアオイルなのです。

杏仁オイルは浸透性に優れていて肌を軟化し、しなやかさやハリを保ってくれます。このように、荒れた肌を再生しすべすべの綺麗な肌にしてくれるのです。

杏仁オイルで肌が潤い老化を防ぐ

杏仁オイルは一般的に老化によるイボを取るのに効果的です。そもそもイボは、皮膚の老化によって肌が乾燥してバリアがなくなってしまい、菌が侵入してできてしまいます。

杏仁オイルには肌の乾燥を防ぎ、潤いをもたらしハリを与えてくれるので、毎日使うことにより肌の潤いが保たれて老化を防ぎ肌を若返らせてくれるので、イボが取れるということなのです。

個人差はありますが、早い人では杏仁オイルを塗り始めてから3日ほどでイボが小さくなったと実感したり、イボが取れたというようなこともあるようです。

杏仁オイルは塗りながらマッサージをしよう

洗顔をしてから化粧水などで顔を整えてから、少量を手にとって、イボのある部分に塗りこみます。

肌に潤いを与えてくれる成分でもあるので、イボだけでなく乾燥している部分にも塗ると効果的です。塗りながらマッサージすると、肌の血行もよくなって、より効果が現れるみたいです。

杏仁オイルは塗るだけ、と簡単な方法でイボ取りに効果があるので、誰でも簡単に使用することができます。また、昔から生薬として使われているということで安全性も高いですので、安心して使用することができるのも特徴です。

杏仁オイルの効果には個人差がある

首イボ取りに効果があると言われている杏仁オイルですが、あくまでも民間療法の1つです。効くか効かないかには個人差がありますし、効いているとの感じ方も人それぞれです。

イボだと思っていて杏仁オイルを塗り続けていても全く効果がなかったり、実は皮膚ガンだったというようなこともあるみたいです。イボにしては、色や形がなんかおかしいと感じた場合には、すぐに病院へ行くことをオススメします。

杏仁オイルは自然由来の肌に優しい成分ですので、誰でも使用することができます。しかし、中にはお肌に合わない人もいらっしゃるので注意しながら使用するようにしましょう。

皮膚科へ行き切除手術するほどではないけれど気になっていた首イボを、自宅で簡単に取ることができると嬉しいですよね。

手術ほど高額な費用もかからないし、誰でも簡単にできるし、杏仁オイルはぜひ試してみたいものです。気になっていた首イボを簡単に治すには、杏仁オイルが最適です。

Pocket
email this
LINEで送る