毎日見ている自分の顔や首などにふとできたことに気づくことが多いのがイボ。でもイボについてはその存在は広く知られていても、イボが一体何なのか意外とその実態についてはよく知らないことが多いという方は多いのではないでしょうか?

できてしまったイボは放っておいてもいいものなのか、何か悪い症状は出ないのか、そんな気になるイボについてまとめました。

イボの種類についてそもそもイボとは何なのでしょうか。イボは皮膚病の一種で小さく盛り上がった腫瘍のことです。

顔・手・足・首・背中など色々な場所に見られます。

悪性のイボには注意しなければいけない

イボの種類には一般的に多くみられる尋常性疣贅、足の裏に現れる事が特徴である足底疣贅、年齢を重ねるごとに発生しやすくなる老人性疣贅、子供がかかりやすい水イボである伝染性軟属腫、紫外線などによりダメージを受けることでできる軟性繊維種、性病の一種である尖圭コンジロームなどといった多くのケースがあり、イボはそのほとんどが良性のものですが、悪性のものも存在します。

各イボの発生原因についてではそんなイボの発生原因・経緯はどんなものなのでしょうか。イボの多くはウイルス感染によるものが原因となります。

イボの原因となるウイルスはヒト乳頭腫ウイルスといい、数多くの種類があります。小さな傷口からでも皮膚に進入することで感染します。

ウイルス性以外には老化が進むにつれてできるイボである「老人性イボ」があります。老人性イボはウイルス性と異なり、感染することはないため大きな支障にはなりにくいことが多いです。

また、紫外線を浴びることで皮膚を守ってくれるメラニン色素が分泌される半面ですべてを身体から排出されないで蓄積されていき、イボとなっていくケースもあります。

イボができた時の対応法イボの治療には内服薬を服用し、抵抗力を高めることで回復を図る方法、クリームはオイルといった塗り薬に代表される市販薬を使うことで改善を図る方法、皮膚科等の医療機関での治療にはレーザーを用いてイボを丸ごと焼き切る方法、マイナス196度の液体窒素を使ってイボの皮膚の組織を壊して取る方法があります。

イボを自己処理で取るとばい菌が体内に入る可能性がある

イボをはさみで切り取るという荒業もありますが、ばい菌等の感染により事態を悪化される原因ともなりますので自分で行うことは絶対避け、医療機関での診断・判断を仰ぐようにしてください。

ウイルス性イボの対処には保険適用外となることも多く、液体窒素は治療法は保険適用となるため、広く用いられています。

まず、ウイルス性のイボに関しては身体の抵抗力が落ちているときは感染しやすく、また治療しても再発しやすくなります。

規則正しい生活と、疲労を溜めないように適切な栄養管理などを行い、免疫力を高めるようにすることが大事です。

また、傷口から感染するため、刃物を用いた作業などは十分に注意し、もし傷を負った場合は消毒・治療を行い、感染に気をつけるようにしましょう。

他に紫外線が原因のイボに関しては肌の露出を避けるように長袖の着用を多めにし、日焼け止めクリーム等を使用して肌を守るようにしましょう。

シルキースワン

Pocket
email this
LINEで送る