昔からイボ取りに効果のあるハトムギ

実はハトムギは日本で昔からイボ取りに効果的な成分として使われてきています。アミノ酸で形成されているタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB群、脂質、糖質、食物繊維などがバランスよく含まれている成分で、新陳代謝を活発にする働きがあります。「穀物の王様」と呼ばれているほど注目されている成分です。

ハトムギから作られているお茶「ハトムギ茶」は一般的でよく知られているお茶です。

また、ハトムギの外皮を剥いて挽いて粉にしたものを薬局では「ヨクイニン末」と言い漢方薬の生薬として扱われており、健康食品店などでは「ハトムギ粉」と言い健康食品として扱われています。漢方薬としての効果もあるし、健康食品としても効果のある成分なのです。

皮膚表面の新陳代謝を高めるハトムギ

体内に溜まった余分な水分を体外に排出する利尿作用があります。体内に余分な水分が溜まってしまうと、むくみなどの症状を引き起こすほか、皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。

ハトムギを摂取することにより、これらの症状は改善され、ホルモンの分泌まで円滑になり、皮膚に潤いとツヤを与えてくれます。また、皮膚表面の新陳代謝を高めて皮膚細胞を新しく作り替える効果もあり、イボやニキビなどを治してくれます。

ハトムギは皮膚や粘膜の血流やリンパ液の流れをよくする働きがあります。ハトムギを摂取することにより、女性ホルモンの分泌も活発になります。

女性ホルモンは、女性の肌をツヤツヤにしたり女性らしい美しさを保つ働きがあります。
更に、ハトムギの食物繊維が便秘解消に役立ったり、痔の改善や治療、白血病や皮膚ガン、肺がんの細胞を抑える働きもあります。抗腫瘍作用のほかに、抗ウィルス作用、抗菌作用もある成分です。

肌をなめらかにするハトムギ効果

ハトムギは肌をなめらかにすると昔から言われており、シミ・ソバカス・肌荒れ・アトピー改善に効果があり、なかでもイボ取りには非常に効果的でイボ取りによく使われています。

ノンカフェインで安心な成分なので、小さい子供からお年寄りまで摂取しても問題のない成分です。しかし、ハトムギには体内の異物の成長を妨げる働きがあります。

妊娠中にハトムギを摂取してはいけません!

体内の赤ちゃんも母体にとっては異物になることから、赤ちゃんの成長を妨げてしまうのです。さらにハトムギは子宮収縮する作用があり、不正出血や流産・早産の原因となってしまうことがあるので、妊娠中にハトムギを摂取するのは避けたほうが良いです。

ハトムギは決して即効性のあるものではなく、継続して摂取することで効果の得られるものです。毎日摂取することで体内の余分なものを排出し、女性ホルモンの分泌を促してくれるので、お肌もキレイになりイボの原因である乾燥などを防いでイボができにくくしてくれます。

ハトムギを毎日継続して摂取することにより、肌の調子を整えてイボのない綺麗な肌になれるようにしましょう。ハトムギはお茶として非常に飲みやすい成分ですので、毎日続けやすいですね。

Pocket
email this
LINEで送る