老化現象のひとつ言われる老人性イボについて

老人性イボとは、良性の腫瘍であり年齢を重ねると出てくる皮膚の老化現象のひとつと言われております。

早い人ですと20代の若い頃から老人性イボが現れることもあり加齢と共にだんだんと増えていきます。

老人性イボができる原因は、加齢や紫外線による皮膚の老化とであると言われており、特に紫外線を浴びやすい顔の目元や首等にできやすい傾向が多く見受けられます。

老人性イボをほおっておくと年々少しずつ大きくなったり数が増えてきたり、ときにはかゆみが出てくることもあるため、できるだけ初期の小さなうちに早めの治療をすることが大切です。

肌内部の働きが衰えてきて発症する老人性いぼ

高齢者の顔や首周り等にぶつぶつとした突起物のような首イボが出ていることがありますが、これが老人性イボと言われており皮膚に現れる老化現象のひとつであります。人によって様々ですが、30代後半から出てきて80代になると老人性イボが目立ち悩みを抱える人が多くでてきます。

老人性イボの原因は主に紫外線による影響が大きいと言われておりますが、加齢による影響も大きく関係しております。

紫外線を浴びたお肌は、皮膚の真皮まで紫外線が届かないようブロックするために、最上層の表皮でメラニン色素が生成されます。生成されたメラニンはお肌のターンオーバーによって表面まで押し上げられて角質等と一緒に排出されるのですが、紫外線を浴びてダメージを受けたお肌では、肌内部の働きが弱くなり衰えてしまうので、古くなった垢や角質が排出されずに皮膚の表面で固まってしまいイボ化となってしまいます。

その為、老人性イボができやすい部分は、紫外線を浴びやすい顔や首周りに多いということが言えます。また加齢によってもお肌の新陳代謝が衰えるので、老廃物が蓄積して古い角質が溜まってしまうので、お肌の表面が盛り上がってイボ化となってしまいます。

老人性イボには新陳代謝を上げる生活が望ましい

老人性イボの治療方法には、病院での手術であったり市販の薬を使用して治す方法がありますが、多くの人は病院へ行く前にまず市販の薬で自宅にて治療することを行います。イボ治療の薬は様々なタイプの種類が販売されており、薬局やドラッグストアで手軽に購入をすることができます。

一般的に多く使用されているのが、イボに塗り込みながら治療していく塗り薬ですが、ハトムギから抽出されたヨクイニンエキスというイボを治す成分が配合されているものが効果的です。イボが気になる箇所に適量分を直接塗り込みケアするものなので簡単にできます。

ただし病院での治療とは異なりすぐにいぼが消えたり無くなるのではないで、毎日継続してケアすることによってイボが薄くなったり目立たなくなっていきます。

以上、紫外線と加齢によって現れるイボの脅威とは…でした。

即効性のあるものではないので、最低でも3ヶ月から半年くらいの期間をみて長期的にわたって使用していくことをオススメします。また、日常生活においては紫外線対策をしっかりと行い新陳代謝を上げるような生活を心がけることも改善へと繋がります。