一言で「イボ」といっても、その種類は多種多様で、人に移しやすい感染性のイボから、老人性イボのように非感染性のイボまで、大きさも形も、できる部位も年齢も様々です。

驚いた事に、老人性イボも老人だけに限ったものではありません。例えば30代の人が、「首にできたイボを気にして皮膚科を受診したら『老人性イボ(老人性疣贅)』と診断され、とてもショックだった!」というような事例も実際にあるといいます。

老人性イボは、別名を「老人性疣贅」「脂漏性角化症」とも呼ばれ、80代頃になると男女を問わずほぼ全員に見られるイボといわれています。

しかし、原因は加齢・遺伝性・紫外線等が主な要因と言われ、最も早い人で20代で発生する事もあるようです。30代では更に人数が増えるといいます。

老人性イボの見た目などの特徴とは

老人性イボは、皮脂腺の多い脂漏部位にできやすいといい、顔・頭・首・背中・胸・腹等に多く見られます。

人に移す心配のない非感染性・良性のイボの一種と言われています。

大きさは数㎜~2㎝程度、茶色い物・黒っぽい物、或いは褐色の物まで、色も大きさも様々です。

年齢とともに肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、メラニン色素が沈着してできた「老人性色素斑」が更に積み重なってできたともいわれています。

表面はガサガサとしたざらつき感があるのが特徴です。

稀にかゆみを伴う事もあるようですが、大抵は自覚症状はなく、良性である為、無理に治療をしなければいけないものではありませんが、若いうちにできる場合には、やはり見た目を気にして治療を望む場合が多いといいます。

老人性イボの原因と対策

老人性イボは、加齢・遺伝性・紫外線によるものが原因と言われています。遺伝性の面についてははっきりした事が不明ですが、若い頃より浴びてきた紫外線の蓄積による影響が強いと考えられています。

これは、シミの部分が盛り上がってできたものが多い事から判断できます。更に加齢により肌の機能の衰えも加わり、一度でき始めると徐々に数が増してくる事が多いようです。

年齢の部分では防ぐのは難しいといえますが、若い頃より紫外線に対する意識を高め、過度に浴びすぎないように対策を施す事で、早期にできる事や、多量にできる事を、予防する事は可能であるといえるでしょう。

また、規則正しい生活を心がけたり、肌の保湿や免疫力を高める等、生活習慣の中にも予防できる事があるといえるでしょう。

老人性イボの治療の仕方

良性である為、放っておいたからといって特に問題が生じるわけではありませんが、若いうちにできたものは何かと嫌なもので、その場合には治療をして取り除くのが良いといえるでしょう。

自然に回復するようなものではない為、何らかの対策をしない限りイボはなくならず、むしろ増加していくと考えられます。

治療には自宅でするケアと、皮膚科で専門的にケアする方法があります。

自宅で行う場合には、市販の外用薬・イボ対策化粧品等でケアを行う事になります。皮膚科のようにハサミやピンセットで取り除く等の処置は、衛生面でも非常に不安がある為、やめた方が良いといえるでしょう。

皮膚科で行う治療法では、「レーザー治療」「液体窒素による凍結療法」「手術による切除」「高周波メスによる切除」等がありますが、実際にどの治療法を用いるかは、イボの大きさや形によるといわれています。

詳細については皮膚科で相談するとよいでしょう。

老人性イボに注意する点

老人性イボは良性といわれていますが、素人目では悪性の場合との区別がつきにくいと言われています。

中には短期間で急激に増え、痒みを伴うような場合もあります。医学的にはこのような症状を「レーザー・トレラ徴候」といい、内臓からくる悪性腫瘍の予兆と言われています。

特に「胃がん」の徴候である事が多い為、安易な自己判断は危険といえるでしょう。

急激な増加・極端な変化・その他気になる症状が出た場合には、速やかに専門家医を受診しましょう。

老人性イボとたかをくくった為に、取り返しのつかない事態を招く事のないように気を付けたいものです。

以上、若いからと言って老人性イボができないわけではありません…でした。

Pocket
LINEで送る