一般的に足の裏にできるデキモノは魚の目だったりタコだと思われがちですよね。
特にそのデキモノが小さいときには区別がつきにくく、大したことないと放置されたり間違った治療法によって、どんどん状況を悪化させることもあります。

そこで魚の目やタコとイボとの違いなどを見ていき、状況を悪化させないようにしましょう。

魚の目やタコってなにでしょう

魚の目やタコは病気ではありません。
足の裏は角質と言われる分厚い皮膚の層があって、歩いたり体重を支えられるように保護する役目があります。
特にかかとの部分は分厚い角質層で守られていることが分かりやすいですよね。

歩くなどした時に同じ個所ばかりに荷重がかかると、その部分の角質層はさらに厚くなって芯のようになっていきます。
その芯のようになった部分にさらに荷重がかかり続けると、その芯のような部分は角質層の下の真皮に向かって潜り込むようになります。

その潜り込むようになった状態がまるで魚の目のように見えることから、ウオノメと呼ばれているのです。
タコは芯のようにはなっていませんが、荷重がかかる箇所の角質層がさらに分厚くなることで起こるものです。
つまりは皮膚に変化が起こることで生じるものなのです。

足の裏のイボは全くの別物です

足の裏のイボはウイルスによって引き起こされます。
体のどこにでもできるイボに尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というものがありますが、これが足の裏にできると特に足底疣贅(そくていゆうぜい)と呼んでいます。

どちらも全く同じウイルスによって引き起こされる同じイボなのですが、足の裏の場合は体重がかかることで突起部分が無く平らになり、イボが食い込んでから角質層に覆われてしまうことが多く、このことが魚の目やタコとの区別を難しくしているのです。

原因となるウイルスはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるもので、ふつうに身の回りに常在しているウイルスです。

足の裏のイボは放置しておいても良いのか

残念ながら放置しておいて自然治癒するということもなく、イボが潰れるなどした場合にはウイルスが広がることで、イボが増えることがふつうです。

なので放置せずに治療する方が良いでしょう。
他人へ移る可能性は低いと言われていますが、一緒に生活しておりお互いが家では裸足だという状況では、やはり移ることがあります。

このウイルスは一般的に擦り傷やケガなどした部分に感染します。
引っ掻いた場合などには、その引っかき傷に沿ってイボができることもあるのです。

また足の裏にできるため歩行時などに痛みを感じることが多く、放置して我慢するよりは治療する方が良いでしょう。
皮膚科で液体窒素やレーザーによって除去してしまう治療法が一般的ですが、ヨクイニンという内服液によって治療する方法もあります。

プールなど子供にできやすい水イボ

子供にできやすい水イボというものがあります。
この水イボもウイルスによって感染しますが、一般的なイボの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)とは別で、ポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが原因とされています。

よくプールで感染するのでプールの水が原因だと思われていますが、実際にはビート板やタオルを共用したり、直接皮膚同士が触れた際に感染します。
痒がったりして水イボを触ったりつぶしたりしてウイルスが広がり、体のあちこちにできることがあるので注意が必要です。

以上、足の裏のイボは魚の目とかタコ?実は全く別なものなのです…でした。

Pocket
LINEで送る