首イボにはどんなものがあるの?

首元にぽつぽつと小さないぼができている方も多いかと思います。加齢による原因でできることが多いので、年齢とともに首いぼができている人が増え、またその数がだんだんと増えてくるので気になっている方も多いでしょう。いぼの種類によっては、早めに病院で受診した方がいいものもありますが、緊急を要しないものは自宅でご自分でケアすることもできます。

よく聞く脂漏性角化症とは

別名老人性いぼと呼ばれ、老化によって起きるいぼです。老人性いぼと言われると、大変ショックを受けますが、若い人でもこの種類のいぼができることがよくあります。シミやほくろのように見えることがあります。良性腫瘍なので心配はありませんが、日光角化症(皮膚がんの前段階)悪性黒色腫(皮膚がん)と似ています。素人では判断がつきにくいので一度受診した方が安心です。

アクロコルドンによるものが多い

首いぼのほとんどはこのアクロコルドンによるものです。ウイルス性と非感染性のものがあります。脂漏性角化症の首いぼより大きいことが多いです。良性の腫瘍なので安心です。

スキンタッグとは

脂漏性角化症よりは小さいいぼで、肌色や茶色いもの、黒いものがありほくろと似ています。狭い範囲に点在するのが特徴で、こちらも良性の腫瘍です。

尋常性疣贅とは

ヒトパピローマウイルスというウイルスが傷口に入りできるいぼです。首だけではなく、手足など体中あちこちにできる可能性があります。他人にもうつってしまうので大変厄介です。高齢者よりは子供のほうがなりやすい傾向があるようです。放っておくと大きくなったり数が増えたりするので早めに受診されることをおすすめします。

扁平疣贅とは

10代以降女性に多い疾患で、額からこめかみ、頬によくできます。ほんの数ミリの小さなもので、普通の肌の色のものから薄い褐色のものまであります。自然に消えることもありますが、数が増えるようなら受診された方がいいでしょう。

自宅でできるケア

だんだんと増えてしまうものや悪性の可能性が否定できないものは病院で受診された方がいいですが、そうでないいぼの場合は自宅で治したいものですよね。

ハトムギ茶で内側からケア

ハトムギに含まれるヨクイニンという成分がいぼに効くといわれています。ヨクイニンは、イネ科のハトムギの皮を除いた種の部分からできていた、昔から漢方薬として使われています。栄養価が大変高く、たんぱく質やビタミンB群、鉄、カルシウム、カリウムなどを多く含んでおり、新陳代謝を促してくれ、美肌効果もあります。免疫力をアップすることで、ウイルスに対して強くなることができるので、ウイルス性のいぼにも効くといわれています。子宮頸がんの原因でもあるヒトパピローマウイルスから体を守ってくれる効果があるといわれています。

ヨクイニン錠を飲む

ヨクイニンが錠剤になったサプリメントが発売されています。また、女性向けにはドリンクタイプもあります。お肌にいいといううたい文句の栄養ドリンクの成分をよく読んでみましょう。ヨクイニンが配合されているものがありますよ。

飲み薬に抵抗のあるかたには手軽なジェルやクリーム

いぼに効く成分には杏エキスというものもあります。杏エキスが配合されたジェルが市販されています。お薬のような即効性はありませんが、数週間塗り続けているうちにいぼが小さくなったり、枯れていってポロリととれたりすることがあるようです。

以上、首いぼに効果がある自分で買える飲み薬はありますか…でした。

杏エキスは天然成分なので安心です。