肥満体質の方は首イボに気をつけろ!

首イボができてしまう原因の1つとして良くあげられるのが、首への摩擦や刺激です。特に、洋服の着脱時に洋服と肌が擦れることによって、首に刺激が加わり、首イボができてしまうケースが多いそうです。

また、過剰な紫外線によるダメージが原因で首イボができてしまうケースも非常に多いです。
摩擦や紫外線によって肌がダメージを受けると、老化が進みます。すると、細胞が過剰に増殖して、肌が盛り上がります。

この盛り上がりが首イボなのです。また、外的刺激以外にも、首イボができる原因はあります。
例えば、肥満体質の方です。肥満体質の方は、皮膚がたるみ、擦れやすいことで、首への刺激を受けやすいことが原因だと考えられています。

首イボを防ぐために保湿を心がけよう!

時間やお金をあまりかけられない方には、自宅での治療がおすすめです!まず、治療の前に意識してほしいことは、首を徹底的に保湿するということです。乾燥すると、肌の水分が減り、首への刺激や摩擦をひどくさせてしまいます。

既にできてしまっている首イボを悪化させないためにも、首イボを未然に防ぐためにも保湿を心がけましょう。

保湿を心がけても乾燥が気になる際は、”ネックレスをしない””タートルネックの洋服を着ない”などして、できるだけ首に摩擦を与えないように心がけましょう。

自宅での治療方の一つとして、首イボ専用の薬を使用した治療方法があります。ドラックストアで手軽に購入することができますよ。特におすすめなのが、ヨクイニンという成分を多く含んでいる商品です。

ヨクイニンには、皮膚再生、肌の炎症回復、保湿などの効果が期待できます。

首イボを取るために皮膚科に診療をするには

 

時間があり、費用をかけてでもキレイに首イボを取りたい方は、皮膚科での治療がおすすめです!1回の治療で完全に首イボが無くなる訳ではないので、完治するまで通い続けることになります。したがって、費用と時間がかかる方法と言えるでしょう。

特に皮膚科での治療でおすすめなのが、レーザーによる治療です。出血も少なく、痛みもあまり感じることなく、綺麗に首イボを取ることができるので、人気の治療方法となっています。また、治療後も、痕が残りにくく、再発しにくい治療方法です。

これなら安心して治療を受けられますね。気になる費用ですが、首イボの状態、数などによって大きく異なる様です。注意なのが、保険の適用外で、自由診療となることです。それぞれの皮膚科で値段が異なるので、事前に料金を確認しておくことをおすすめします。

20代でも首イボに苦しむ人は多々いる

以上、首イボの治療方法の説明でした。おしゃれな髪型にしても、お気に入りの洋服を着ておしゃれをしても、首にイボができてると、残念な印象になってしまいますよね。

今までは、首イボといえば、30代以上の方にできるものといったイメージがあったかもしれません。しかし今では20代の若者でも、重度な首イボに悩まされる人もいるのです。

「これって首イボかな?」と少しでも気になったら、早めに治療をしてみてくださいね。

以上、首イボを取りたい思いでついつい気になってしまう若者たち…でした。

Pocket
LINEで送る