年齢を重ねると、首にいぼができるようになることがあります。首いぼの原因はウイルスとよく言われますが、実はウイルスが原因のいぼよりは、脂漏性角化症という、別名老人性いぼができている人のほうが多いのです。

老人性いぼの大きな原因は紫外線によるもの

老人性いぼ(脂漏性角化症)は、皮膚の老化が原因で起こります。30代以降、中高年に多くみられ、80代ではほとんどの人の首にはいぼができています。ですが、遺伝的な原因もあり、早い人だと10代、あるいは子供のころからできている人も見られます。皮膚の老化現象である老人性いぼの主な原因は紫外線によるダメージです。

夏の強い紫外線の中、お顔にはしっかり日焼け止めを塗ったのに首は少し油断していませんか。紫外線を浴びたあと、紫外線によるダメージが一定量を超えてしまった時にいぼはたくさんできてしまうようです。

そのしくみはシミと同じで、加齢によってお肌の新陳代謝が鈍り、ターンオーバーのリズムが狂い始めてくると、紫外線によるメラニン色素が排出できなくなり蓄積されてしまいます。こうしてできたシミが盛り上がってきたり、皮膚の表面がざらざらして角質が厚くなったり固くなったりして、いぼになることがあります。

いぼの原因である紫外線対策をしましょう。首にも十分日焼け止めを塗り、日傘や帽子、スカーフを活用して首や胸元を守りましょう。

お肌のターンオーバーを保ちながらスキンケア

お肌には外からの刺激から肌を守るバリア機能がありますが、このバリア機能は紫外線からも守ってくれます。バリア機能を高めるためには保湿が大切です。乾燥を避け、保湿を心がけましょう。

また、メラニン色素の生成を抑える成分であるビタミンC誘導体、L-システイン、トラネキサム酸などが配合された美白化粧品を使用しましょう

お肌の新陳代謝が活発ならば、生成されたメラニン色素はターンオーバーにより体外へ排出されます。正常なターンオーバーを保つために規則正しい生活習慣を身につけましょう。睡眠時間は十分にとり、バランスの良い食事を心がけましょう。また、ストレスもよくありません。

紫外線いぼの治療は病院か自宅かで値段が変わってくる

紫外線いぼは、液体窒素やレーザーで取り除くことができます。液体窒素による除去は保険が適用され安くてすみますが、傷が残りやすく痛みを感じる人も多くいます。レーザーによる治療方法だと、出血も少なく痛みもあまりありません。傷が残ることもあまりありませんが、高額になることがあります。

いぼに効くという杏エキスやハトムギエキスが配合されたクリームが市販されています。即効性はありませんが、徐々にいぼが小さくなっていったり、ぽろっととれたりすることがあるようです。いぼだけではなく、スキンケアにもいいでしょう。

ハトムギからできたヨクイニンという漢方薬が処方される場合があります。ヨクイニンは、新陳代謝や免疫力を高めてくれ、また、血流もよくしてくれますので、いぼの治療に効果があるとされています。

Pocket
email this
LINEで送る